ペンタボラン(英語表記)pentaborane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンタボラン
pentaborane

化学式 B5H9 。ホウ素と水素より成るボラン融点-46.9℃,沸点 58~60℃の液体で,ボラン類としては比較的安定である。空気と混ざっても常温では発火しないが,放置すると爆発することがある。有毒で蒸気を吸入すると神経がおかされる。連日取扱うときの最大許容量 0.01ppm 。航空機,ロケット用燃料としての可能性が注目されているが,研究段階にあり,実用にはいたっていない。ペンタボランには B5H11組成のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のペンタボランの言及

【ボラン】より

…化合物の命名法は明確に決まっているが,組成を表すには,分子中のホウ素原子の数をラテン語の接頭語とし,水素原子の数を括弧に入れたアラビア数字で語尾につける。たとえば,B5H9=ペンタボラン(9),B10H14=デカボラン(14)のように表す。特徴的な三中心結合は下式のように表される。…

※「ペンタボラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android