コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーチ Pécs

翻訳|Pécs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーチ
Pécs

ドイツ語ではフュンフキルヘン Fünfkirchen。ハンガリー南西部の都市。メチェク山地の南斜面に位置する。東郊に炭田があり,最近はウラン鉱の産出で有名。ハンガリーのドナウ川以南では最古の都市で,紀元前からイリュリア人,ケルト人の集落があり,ローマ時代にはこの地方の中心地であった。民族移動の時代を経てマジャール人が居住し,11世紀初めには司教座がおかれ,中世には手工業や農産物の交易で繁栄した。 1367年には国内最古の大学がおかれた。 16世紀中頃から 17世紀末まではオスマン帝国に占領され,市中のパジャ・ガジ・カッシムのモスク (現在はカトリック聖堂) やミナレットにその跡をとどめる。現在はバラニャ地方の中心都市で,金属,機械,皮革などの工業が行われる。人口 17万 23 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペーチ(Pécs)

ハンガリー南西部の都市。メチェック山南麓に位置する。同国第四の規模をもち、南部における政治、経済、文化の中心都市として知られる。古代ローマ帝国の属領だった4世紀頃はソピアネと呼ばれ、交易により栄えた。市街中心部には4世紀頃に造られた初期キリスト教徒のカタコンブ(地下墓所)と礼拝堂の遺構があり、2000年に「ペーチ(ソピアネ)にある初期キリスト教墓地遺跡」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。14世紀に同国最古のペーチ大学が創設されたほか、オスマン帝国時代に建てられたガージカーシムパシャモスクヤコバーリハッサーンモスクなどが残っている。ヘレンドと並び同国を代表する高級陶磁ジョルナイの発祥の地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペーチ

ハンガリー南西部,バラニャ県の県都。メチェク山地の麓にあり,経済・文化の中心。付近に歴青炭を産し,金属・機械・皮革・陶磁器工業が盛ん。ハンガリー最古の大学(1367年創立)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーチ
ぺーち
Pcs

ハンガリー南部、特別行政区の指定都市。バラニャ県の県都をも兼ねる。人口16万2498(2001)。同国南部の文化、工業、経済の中心地。古代ローマ帝国の領有時代は、クインク・エクレジエQuinqu cclesiae(「五つの教会」の意)とよばれ、9世紀にはこれを翻訳したドイツ語の呼称フュンフキルヘンFnfkirchenの名で知られるようになった。ハンガリー最初の大学として1367年に設立(1922再開校)されたペーチ大学は、ヨーロッパでも有数の古い歴史を誇る。おもな産業は、たばこ、酪製品、醸造、農業機械などの加工および製造のほか、石炭化学工業がある。北方のメチェック山麓(さんろく)のコムロ炭田は良質の石炭を産し、これをペーチでコークスにしてドゥノウイバーロシュの製鉄所に送っている。また、彩色豊かな陶器が伝統工芸品として知られる。[古藤田一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペーチの言及

【コソボ[州]】より

…地下資源は褐炭,クロムなど。中心地はペーチPeć(人口9万)で,中世セルビアの総主教座が置かれた修道院ペーチカ・パトリアルシア(13~14世紀)がある。ジャコビツァ(人口7万)近くにはデチャーニ修道院(14世紀)が建つ。…

※「ペーチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペーチの関連キーワードペーチ〈ソピアネ〉にある初期キリスト教墓地遺跡フェレンツ ジュルチャーニラースロー ショーヨムカティンカ ホッスーコソボの中世建造物群北海道枝幸郡中頓別町ラヨシュ(1世)カープタラン通りペーチのモスクペーチの大聖堂B. セーケイK. ロムブ中頓別(町)ピーターと狼ペーチ大聖堂ハルカーニバザルリーブロイヤーブラディカ孤帆は白む

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペーチの関連情報