コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホアキン ホアキン Joaquin, Nick

2件 の用語解説(ホアキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホアキン
ホアキン
Joaquin, Nick

[生]1917.5.4. マニラ
[没]2004.4.29. サンフアン
フィリピンの作家,詩人。本名 Nicomedes Joaquin。筆名キハノ・デ・マニラ Quijano de Manilaでも知られている。英語とスペイン語で執筆。『散文と詩』Prose and Poems(1952),小説『二つのヘソを持った女』The Woman Who Had Two Navels(1961),随筆集『ラ・ナバル・デ・マニラ祭』La Naval de Manila(1964),短編集『熱帯のゴシック』Tropical Gothic(1972)などの諸作品を通じて,スペイン統治時代とその文化への憧憬を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホアキン
ほあきん
Nick Joaquin
(1917―2004)

フィリピンのジャーナリスト、作家。1950年代から英語作家として活躍した。英語雑誌のスタッフライターとして、キハノ・デ・マニラQuijano de Manilaのペンネームを用い、数多くの書評、ルポルタージュを書き、ジャーナリズムを文学のレベルにまで高めたと評価される。詩、戯曲、小説の執筆は実名のニックホアキンを用いた。その代表作、小説『二つのヘソを持つ女』(1961)はスペイン統治期の年代記、伝承などから着想を得、植民者文化の影響と、民族の歴史、伝統との相克に苦悩する、西欧化したフィリピン・インテリアイデンティティ主体性)の問題を扱っており、戯曲『一フィリピン芸術家の肖像画』(1952)とともに芸術性が高く買われている。ほかに短編『名誉ある兵士』(1949)、短編集『トロピカル・ゴシィク』(1972)や『洞穴と影』(1983)など。1973年国家芸術賞を受ける。[山下美知子・菅家健一]
『山本まつよ訳『二つのヘソを持つ女』(1988・めこん)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホアキンの関連キーワードマニラロープ馬尼剌マニラ紙三角数大マニラ静岡県伊豆の国市韮山韮山マニラ海溝マニラ葉巻マニラボールメトロ・マニラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホアキンの関連情報