コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホアキン Joaquin, Nick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホアキン
Joaquin, Nick

[生]1917.5.4. マニラ
[没]2004.4.29. サンフアン
フィリピンの作家,詩人。本名 Nicomedes Joaquin。筆名キハノ・デ・マニラ Quijano de Manilaでも知られている。英語とスペイン語で執筆。『散文と詩』Prose and Poems(1952),小説『二つのヘソを持った女』The Woman Who Had Two Navels(1961),随筆集『ラ・ナバル・デ・マニラ祭』La Naval de Manila(1964),短編集『熱帯のゴシック』Tropical Gothic(1972)などの諸作品を通じて,スペイン統治時代とその文化への憧憬を描いている。(→フィリピン文学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホアキン
ほあきん
Nick Joaquin
(1917―2004)

フィリピンのジャーナリスト、作家。1950年代から英語作家として活躍した。英語雑誌のスタッフライターとして、キハノ・デ・マニラQuijano de Manilaのペンネームを用い、数多くの書評、ルポルタージュを書き、ジャーナリズムを文学のレベルにまで高めたと評価される。詩、戯曲、小説の執筆は実名のニック・ホアキンを用いた。その代表作、小説『二つのヘソを持つ女』(1961)はスペイン統治期の年代記、伝承などから着想を得、植民者文化の影響と、民族の歴史、伝統との相克に苦悩する、西欧化したフィリピン・インテリのアイデンティティ(主体性)の問題を扱っており、戯曲『一フィリピン芸術家の肖像画』(1952)とともに芸術性が高く買われている。ほかに短編『名誉ある兵士』(1949)、短編集『トロピカル・ゴシィク』(1972)や『洞穴と影』(1983)など。1973年国家芸術賞を受ける。[山下美知子・菅家健一]
『山本まつよ訳『二つのヘソを持つ女』(1988・めこん)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホアキンの関連キーワードグラナドス:詩的なワルツ集(序奏と7曲)/piano soloウォーク・ザ・ライン/君につづく道セラフィン アルバレス・キンテーロストックトン(アメリカ合衆国)アルバレス・キンテーロ(兄弟)アルトゥーロ ペレス・レベルテアルバレス・キンテロ兄弟インヒアレント・ヴァイスリーズ ウィザースプーンある貴紳のための幻想曲ホアキン フェニックスダーレン マクガビンベーカーズフィールドセントラル・バリーサンティアゴ大聖堂ミラフローレス宮殿アンダルシア協奏曲アランフェス協奏曲マドリガル協奏曲グラディエーター

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホアキンの関連情報