コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウセンカ(鳳仙花) ホウセンカ Impatiens balsamina; garden balsam

3件 の用語解説(ホウセンカ(鳳仙花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ
Impatiens balsamina; garden balsam

ツリフネソウ科の一年草。アジア南部のインドマレー半島および中国の原産で,現在では夏の花として世界中で広く栽培され,園芸品種が多い。草全体が多肉質で軟らかく,茎は直立し,まばらに分枝する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホウセンカ(鳳仙花)【ホウセンカ】

インド,マレー原産のツリフネソウ科の一年草。普通,庭園に栽植。茎は多汁で,草たけ60cmに達し,葉は縁に細かい鋸歯(きょし)のある披針形。夏〜秋,細い柄のある花を葉腋に横向きにつける。
→関連項目アフリカホウセンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホウセンカ【ホウセンカ(鳳仙花) (garden) balsam】

夏の花壇や鉢物として広く利用されるツリフネソウ科の一年草(イラスト)。原産地はインド,マレー半島,中国南部。高さ30~60cm,茎は多汁で直立し,下部の節部はふくらむ。葉は粗い鋸歯のある披針形で密生し,葉腋(ようえき)に2~3花をつける。花は大きく花弁は5枚で幅広く互いに重なり,3片の萼のうち1片は湾曲した距となり,蜜腺がある。果実は5室,果皮は多肉で弾力があり,中の種子が熟して物に触れると,果皮は5片に裂けて巻き縮み,種子をはじき飛ばす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホウセンカ(鳳仙花)の言及

【マニキュア】より

…日本でつめに紅を塗る風俗は記録では平安末期の《雍州府志》にまでさかのぼるが,もともとは中国から伝わった風俗で,中国では唐の楊貴妃は手足のつめが紅色で,宮廷の女性たちがそれをまねたのが爪紅(つまべに)の始まり,とする伝説がある。ホウセンカの花をついてその赤い汁を塗ったらしいことが諸書に見えている。日本でもホウセンカをツマベニとかツマクレナイと呼ぶ地方がある。…

※「ホウセンカ(鳳仙花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウセンカ(鳳仙花)の関連キーワードキンセンカ(金盞花)ケッチブーゲンビレアイベリスリビングストンデージーコレウス鋼鋳物ベゴニアセンパフローレンスハロイサイトゼブリナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone