コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウネンエビ(豊年蝦) ホウネンエビ fairy‐shrimp

1件 の用語解説(ホウネンエビ(豊年蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウネンエビ【ホウネンエビ(豊年蝦) fairy‐shrimp】

初夏のころ,西日本の水田など,水温の高くなる浅い淡水に現れる体長2cmくらいの小型の甲殻類(イラスト)。鰓脚(さいきやく)亜綱ホウネンエビ科。雌雄とも無色半透明であるが,しばしば美しい緑色を帯びる。ホウネンエビが水田にたくさん発生した年は豊年になるという言い伝えから,豊年魚あるいは豊年虫などとも呼ばれた。背側を下にして泳ぐ。日本の関東以西および韓国,中国の東北,中部に分布している。本種およびアルテミアなどの属する無甲類は,カシラエビ類に似た形態を有するもっとも原始的な現生甲殻類の一員で,5科約180種が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウネンエビ(豊年蝦)の関連キーワード晩霜鬼蜻蜓初夏夏の小袖薄暑水温む遅霜NEXCO西日本晩鶯中冷層

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone