コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキガイ(酸漿貝) ホオズキガイlamp shell

世界大百科事典 第2版の解説

ホオズキガイ【ホオズキガイ(酸漿貝) lamp shell】

有関節綱Articulataに属する腕足動物の総称。2枚の貝殻の形が植物のホオズキの実に似ているところからこの名がある。また,突出した殻頂に小孔が開いているようすがアラビア風のランプに似ることからこの英名がつけられている。すべて海産で,水深10m以深の水通しのよい海底に,肉柄で腹面を上に向けてカイメン,イシサンゴ,岩礁などの表面に付着している。 殻長10~50mm。2枚の貝殻は二枚貝のように動物体の前後にあるのではなく,背腹の位置に発達していて,2枚の殻の形は異なっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホオズキガイ(酸漿貝)の関連キーワード淡水コケムシ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android