ホオズキガイ(酸漿貝)(読み)ホオズキガイ(英語表記)lamp shell

世界大百科事典 第2版の解説

ホオズキガイ【ホオズキガイ(酸漿貝) lamp shell】

有関節綱Articulataに属する腕足動物の総称。2枚の貝殻の形が植物のホオズキの実に似ているところからこの名がある。また,突出した殻頂に小孔が開いているようすがアラビア風のランプに似ることからこの英名がつけられている。すべて海産で,水深10m以深の水通しのよい海底に,肉柄で腹面を上に向けてカイメン,イシサンゴ,岩礁などの表面に付着している。 殻長10~50mm。2枚の貝殻は二枚貝のように動物体の前後にあるのではなく,背腹の位置に発達していて,2枚の殻の形は異なっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android