コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオズキガイ(酸漿貝) ホオズキガイ lamp shell

1件 の用語解説(ホオズキガイ(酸漿貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホオズキガイ【ホオズキガイ(酸漿貝) lamp shell】

有関節綱Articulataに属する腕足動物の総称。2枚の貝殻の形が植物のホオズキの実に似ているところからこの名がある。また,突出した殻頂に小孔が開いているようすがアラビア風のランプに似ることからこの英名がつけられている。すべて海産で,水深10m以深の水通しのよい海底に,肉柄で腹面を上に向けてカイメン,イシサンゴ,岩礁などの表面に付着している。 殻長10~50mm。2枚の貝殻は二枚貝のように動物体の前後にあるのではなく,背腹の位置に発達していて,2枚の殻の形は異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホオズキガイ(酸漿貝)の関連キーワード関節鼠公金腕足類関節腔属島同位概念統属過尿酸性関節炎関節円板軟体類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone