コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホメイニー

百科事典マイペディアの解説

ホメイニー

イランの最高指導者。シーア派の十二イマーム派神学・法学の権威として知られる。モハンマド・レザー・パフラビー国王の政策を批判し,1963年国外追放となったが,イラン革命の進展にともなって1979年に帰国。イラン・イスラム共和国を樹立し,1970年執筆の著書で説いた〈法学者の統治〉論に基づいてその最高指導者の地位に就いた。
→関連項目《悪魔の詩》事件イランコム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホメイニー【Khomeynī】

1900‐89
イラン革命の指導者。イラン中部のホメイン村に生まれ,アラーク,コムで修学,有力アーヤトッラーの一人となった。モハンマド・レザー・パフラビー国王の白色革命と弾圧政治とに反対して追放され,1964‐78年イラクのナジャフにあって持続的に王制批判運動を展開した。79年イラン革命の象徴的存在としてフランスより帰国。イマーム・マフディーの〈隠れ〉の期間は,最も優れた宗教法学者に国の指導権がゆだねられるべきであるとする十二イマーム派のベラーヤテ・ファキーの理念に基づき,イラン・イスラム共和国の最高指導者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホメイニーの言及

【イラン革命】より

…1979年2月,パフラビー朝の国王独裁を打倒し,ホメイニーの指導のもとにイスラム政体を樹立した革命。その課題と目標はイスラム革命enqelāb‐e Islāmīとして表明された。…

【十二イマーム派】より

…このようにイマームが隠れている間は,法学者(ファキーフ)だけがイマームの意図を知って信徒に指示を与える役割を行使する。イラン革命指導者ホメイニーが提起した〈法学者の統治(ベラーヤテ・ファキー)〉とはこのことを指している。スンナ派と同様に聖典コーランに次ぐ第2の典拠としてハディースを認めるが,さらに各イマームの言行をまとめた聖言行録(アフバールakhbār)をも重視する。…

※「ホメイニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホメイニーの関連情報