コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルムスク ホルムスクKholmsk

4件 の用語解説(ホルムスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルムスク
ホルムスク
Kholmsk

ロシア,サハリン州港湾都市サハリン島南部西岸,タタール海峡にのぞむ。黒潮の支流である対馬海流が北上して沿岸を流れるため,サハリンでは最も暖かい地域で,港は不凍港となっている。パルプ・製紙,水産加工,船舶修理などの工場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホルムスク

ロシア,サハリンの南西部,日本海岸の港湾都市。日本領時代は真岡(まおか)。パルプ,魚類缶詰,船舶修理などの工場のほか航海学校がある。日本領時代は,サハリン西部の中心地として1万9000人以上の日本人が居住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルムスク【Kholmsk】

ロシア連邦東端,サハリン島南西部の不凍港。人口5万0300(1993)。日本名は真岡(まおか)。18世紀末,松前藩によって樺太西岸の主要漁場として開かれ,幕末には幕府の樺太経営の一拠点であった。1905年ポーツマス条約後,真岡支庁の所在地となり,漁業や水産物加工のほか,樺太工業会社の製紙工場も進出して急速に発展した。また近代的な築港や樺太鉄道西海線,豊真線の分岐点として交通の要衝となり,人口は1万9000(1941)を数えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルムスク
ほるむすく
Холмск Holmsk 

樺太(からふと)(サハリン)南部西岸の小都市。日本名真岡(まおか)[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルムスクの関連情報