ホルムスク(英語表記)Kholmsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルムスク
Kholmsk

ロシア,サハリン州港湾都市サハリン島南部西岸,タタール海峡にのぞむ。黒潮の支流である対馬海流が北上して沿岸を流れるため,サハリンでは最も暖かい地域で,港は不凍港となっている。パルプ・製紙,水産加工,船舶修理などの工場がある。州都ユジノサハリンスクの西約 50kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。旧日本領で,日本名真岡 (まおか) 。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホルムスク(Kholmsk/Холмск)

ロシア連邦、サハリン(樺太)南西岸、間宮海峡に臨む港湾都市。木材加工・水産加工業が盛ん。1945年(昭和20)以前の日本領時代には真岡(まおか)とよばれ、製紙工場があった。ロシア本土の都市ワニノや北海道の小樽と定期航路で結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ホルムスク

ロシア,サハリンの南西部,日本海岸の港湾都市。日本領時代は真岡(まおか)。パルプ,魚類缶詰,船舶修理などの工場のほか航海学校がある。日本領時代は,サハリン西部の中心地として1万9000人以上の日本人が居住した。5万1400人(1989)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルムスク【Kholmsk】

ロシア連邦東端,サハリン島南西部の不凍港。人口5万0300(1993)。日本名は真岡(まおか)。18世紀末,松前藩によって樺太西岸の主要漁場として開かれ,幕末には幕府の樺太経営の一拠点であった。1905年のポーツマス条約後,真岡支庁の所在地となり,漁業や水産物加工のほか,樺太工業会社の製紙工場も進出して急速に発展した。また近代的な築港や樺太鉄道西海線,豊真線の分岐点として交通の要衝となり,人口は1万9000(1941)を数えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルムスク
ほるむすく
Холмск Holmsk 

樺太(からふと)(サハリン)南部西岸の小都市。日本名真岡(まおか)[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ホルムスク

(Holmsk) サハリン南西部、日本海に面する港湾都市。旧日本名真岡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android