コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロープ ホロープ kholop

2件 の用語解説(ホロープの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホロープ
ホロープ
kholop

9~17世紀までのロシアにおける奴隷に近い従属民。捕虜,身売りした者,女奴隷と結婚した者,ホロープと結婚した女などがこの階層に属した。ホロープの子供もホロープで主人の財産とみなされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホロープ【kholop】

ロシアの奴隷。ロシア最古の法典《ルスカヤ・プラウダ》(11~12世紀)は,ホロープをまさに奴隷として位置づけている。15~16世紀の法典は,本来,ホロープが就いていたクリュチニク(財産管理人)あるいはチウン(執事)の職に自由人が就いてもホロープにならずにすむ道を拡大している。当時の遺言状はホロープの解放を宣してはいるが,財産として遺族に譲渡されるホロープのほうが多かった。ホロープは,家内労働,農耕および手工業にきわめて重要な役割を果たしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホロープの言及

【モスクワ・ロシア】より

…官憲や領主も直接ミールの生活に関与することは少なく,長老(スターロスタ)などの役職が外部世界との接点をなし,国税や領主への貢租もミールの集会で各戸に割り当てられた。農民は現物や貨幣の貢租のほか,農耕賦役を求められることもあったが,領主直営地の労働にはホロープ(奴隷)などの隷属民も使われた。1553年白海に漂着して西ヨーロッパとロシアの北方交易路を開いたイギリス人船長チャンセラーによると,都市にある領主の屋敷や市場への生産物の輸送にも農民は使われ,大消費地モスクワには毎朝700~800台のそりで穀物や魚が運びこまれた。…

※「ホロープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホロープの関連キーワード白ロシアロシア遠征コロシアム小ロシアヨーロッパロシア統一ロシア労農ロシアプロシア王セットロシアの恋人ルスカヤ・プラウダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone