コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイエ Boie, Heinrich Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイエ
Boie, Heinrich Christian

[生]1744.7.19. メルドルフ
[没]1806.3.3. メルドルフ
ドイツの詩人。「ゲッティンゲン林苑同盟」の一員で,機関紙『ゲッティンゲン詩神年鑑』 Göttinger Musenalmanach (1770~75) の創刊,編集で知られる。また『ドイツ学術誌』 Deutsche Museum (76~88) ,『新ドイツ学術誌』 Neue deutsche Museum (89~91) を出した。

ボイエ
Boye, Karin Maria

[生]1900.10.26. エーテボリ
[没]1941.4.24. アリングソース
スウェーデンの女流作家。ウプサラ,ストックホルム両大学で学び,詩集『雲』 Moln (1922) でデビュー。その後フランスの作家 H.バルビュスが発刊した雑誌『クラルテ』を主軸とする社会主義運動 (→クラルテ運動 ) に参加,その中心人物となった。共産主義の発展により個人の人間性が喪失する未来都市の悲劇を描いた小説『カロカイン』 Kallocain (40) は遺書ともいうべきもので,その出版後まもなく自殺。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボイエ

スウェーデンの女性作家。異色詩集《樹のために》,ナチズムに対する恐怖から生まれた小説《カロカイン》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイエ
ぼいえ
Karin Boye
(1900―1941)

スウェーデンの女流詩人、作家。学生時代から左翼運動に加わり、処女詩集『雲』(1922)以後『かくされた土地』(1924)、『炉』(1927)などで詩人の地位を確立。小説『アスタルテ』(1931)、自伝小説『危機』(1934)のほか、全体主義の恐怖を描く未来小説『カッロカイン』(1940)で注目を浴びる。ボイエは性的倒錯症といわれ、うつ病が高じて自殺を遂げた。詩集『七つの大罪』(1941)は死後出版。精神分析学者フロイトの影響が指摘される。[田中三千夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボイエの関連キーワードコンセルバトアールカルミナ・ブラーナカルミナ・ブラーナゲッティンゲン詩派カルミナ・ブラナボー スコウフスカルミナブラーナニールス・リーネボアエルデューシュノンソースウェーデン10月26日アザム兄弟7月23日バルビュス宇田川榕菴マイネッケ7月19日クラルテボイエン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android