コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイネ ボイネ Boine, Giovanni

3件 の用語解説(ボイネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイネ
ボイネ
Boine, Giovanni

[生]1887.9.2. フィナルマリーナ
[没]1917.5.16. インペリア
イタリアの小説家,批評家。初めヘーゲル新理想主義を研究したが,次第に文学に近づき,『ボーチェ』などの雑誌運動に加わった。完成された文体のうちに自己の苦悩を表現しようと試みた。小説『罪』 Il peccato (1914) ,評論集『称賛と揶揄』 Plausi e botte (18) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボイネ【Giovanni Boine】

1887‐1917
イタリアの作家。ミラノ大学での交友から文学の道へ進んだが,胸の病気のため生地のリグリア海岸へ帰り,図書館員として働きながら《ボーチェ》誌上を中心に作品を発表した。早世したため生前の作品刊行は代表作《罪ある者その他》(1914)のみ。《リビエラ・リグレ》誌に連載した批評の集成《好評・冷評》(没後の1918)は《ボーチェ》の時代の最良の評論の一つに数えられる。【古賀 弘人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイネ
ぼいね
Giovanni Boine
(1887―1917)

イタリアのカトリック作家。病弱の短い生涯を賭(か)けて、第一次世界大戦後の知識人の苦悩を、宗教的、哲学的な絶対の善の希求で克服しようとした。代表作は小説『罪』(1914)と『破片』(1918)である。『ボーチェ』誌および哲学者クローチェの強い影響とそこからの離反を経た文学態度は、一般に神秘的傾向の作家と評される以上の、鋭い時代精神に基づく批評性に貫かれている。[望月紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイネの関連キーワードフィナーレオーディナリーグランドフィナーレフィナンシェフィナンシャルカルディナルフィナーレ・リーグレグランド・フィナーレティナマリオパーティ9

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone