コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウ ボウ Bow, Clara

3件 の用語解説(ボウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウ
ボウ
Bow, Clara

[生]1905.7.29. ニューヨークブルックリン
[没]1965.9.27. ハリウッド
アメリカ映画女優。 1920年代後半のモダンガールとして人気があった。主演作品『人罠』 (1926) ,『あれ』 (27) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボウ(bow)

《「ボー」とも》
弓。弓形。
蝶結び。また、蝶結びにしたもの。
ボウタイ」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウ
ぼう
Clara Bow
(1905―1965)

アメリカの映画女優。ニューヨークの貧しい家庭に生まれ、美人コンテストに入賞して映画界に入り、助演級で軽薄なモダン・ガールなど当時流行のフラッパーflapper娘を演じた。主演作『あれ』It(1927)では大宣伝でセックスシンボルに仕立て上げられ、断髪、口紅の塗り方、大胆な目のメーキャップは「イット・ガール・スタイル」として若い女性の流行をリードした。『つばさ』(1927)などに出演後、映画がトーキーになってまもなくスキャンダルが発生して信用を失った。何度も復帰を図ったが果たさず、1947年に別名でラジオに出演、世間をあっといわせた。[日野康一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボウの関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボウの関連情報