コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボコ・ハラム ぼこ・はらむ

6件 の用語解説(ボコ・ハラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ボコ・ハラム

ナイジェリア北部に拠点を置くイスラム過激派組織。「ボコ」は現地ハウサ語で「西洋式教育」の意味、「ハラム」はアラビア語の借用で、イスラム教の「禁忌・罪」を意味する。2002年、モハメド・ユスフチャドニジェールに近い北東部の都市マイドゥグリで結成、ナイジェリアの「タリバン」と自称した。別称は「宣教及びジハード(聖戦)を手にしたスンニ派イスラム教徒としてふさわしき者たち」。
創設者のユスフは09年7月に殺害されたが、1年後(10年7月)にアブバカル・シェカウが新しい指導者になると、暴力による破壊行動を激化させ、警察署・刑務所・国連施設やキリスト教系施設への襲撃、爆破テロを繰り返した。また「ボコ・ハラム」の過激なイスラム復興主義に反対するモスクイスラム神学校も襲撃している。
12年には、テロ行為への取り締まりを強化したジョナサン政権の打倒を宣言。14年4月には、北東部ポルノ州の学校から250人以上の女子学生を拉致、「強制結婚させるか、奴隷として売り飛ばす」という脅迫映像を流し、世界中に大きな衝撃を与えた。この女学生拉致事件の翌5月には、国連安保理の制裁委員会が「アル・カイーダ」関連のテロ組織と指定し、資産凍結や武器・資金の提供などを禁止する制裁対象リストに加えた。
西洋型の民主主義やキリスト教を否定し、シャリア(イスラム法)に基づくイスラム国家を樹立するのが目的とされ、隣国ニジェールにも勢力を広げる「イスラム・マグレブ諸国のアル・カーイダ組織(AQIM)」との連携も指摘されているが、根底には南北間の経済格差、すなわち経済発展から取り残された北部ハウサ人の南部(中央政府)に対する強い不満があると見られる

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボコ・ハラム

現地語で「西洋の教育は罪」の意味。ナイジェリアの問題は、旧宗主国の英国がもたらした西洋的価値観にあると考え、イスラム教の預言者ムハンマドの後継者「カリフ」が統治する国家の樹立を目指す。2002年に結成。テロを繰り返し、昨年4月には200人以上の女子生徒を誘拐。これまでに約1万5千人が犠牲。

(2015-07-02 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボコ・ハラム

ナイジェリアのイスラム過激派組織。正式名称は〈宣教及びジハードを手にしたスンニ派イスラム教徒としてふさわしき者たち〉。ボコ・ハラムとは〈西洋の教育は罪〉を意味する。
→関連項目ナイジェリア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ボコ・ハラム

《Boko Haram》2002年頃設立とされるナイジェリアのスンニ派イスラム過激組織。ボコは現地ハウサ語で「西洋式教育」、ハラムはアラビア語で「禁忌」を意味し、キリスト教や西洋式の教育・文化の否定と、ナイジェリア政府の打倒、イスラム法施行などを主張する。「ナイジェリアのタリバン」を自称し、キリスト教徒や関連施設への襲撃、同組織に批判的なイスラム神学校などへの攻撃のほか、ナイジェリア女子生徒拉致事件(2014年、200人以上が行方不明)をはじめとする大規模な誘拐事件や住民虐殺を実行。2014年8月には、実効支配している北東部でのカリフ制国家の樹立を一方的に宣言している(国際的には未承認)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ボコ・ハラム

ナイジェリア国内を主な活動地域とするイスラム過激派組織。「ボコ・ハラム」とは同国の現地語で「西洋の教育は罪」の意。別称は「宣教及びジハードを手にしたスンニ派イスラム教徒としてふさわしき者たち」。数百人のメンバーを擁するとされる。2002年にモハメド・ユスフによって結成されて以来、キリスト教、西洋式教育などの西洋文化や民主主義の否定、ナイジェリア政府の打倒やイスラム法施行を主張し、数々のテロを引き起こしている。09年にユスフが警察に射殺されると、10年にアブバカル・シェカウが新指導者に就任。以来、同組織の活動はより過激化し、14年にはナイジェリア北部で大規模な女子生徒拉致事件を引き起こして国際的な批判を浴びている。

(2014-5-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボコ・ハラム
ぼこはらむ
Boko Haram

ナイジェリアを拠点とするイスラム過激派。ボコは現地ハウサ語で「西洋式の教育」、ハラムはアラビア語で「罪」「禁忌」の意味で、「西洋式教育は罪」を意味する名称である。別称は「宣教及びジハードを手にしたスンニー派イスラム教徒としてふさわしき者たちJama'atu Ahlu-Sunna Lidda'awati Wal-Jihad」で、「ナイジェリアのタリバン」と自称している。厳格なイスラム法の施行と西洋式教育の否定などを標榜(ひょうぼう)してナイジェリア政府打倒を掲げ、政府施設、軍施設、警察署、刑務所、国連施設、西洋式教育を行う学校、酒場、キリスト教施設などへの襲撃、爆破、暗殺、誘拐などのテロ攻撃を繰り返している。ボコ・ハラムに批判的なイスラム指導者、モスクやイスラム神学校などを攻撃することもある。2014年4月には、ナイジェリア北部ボルノ州で学校を襲撃して女子生徒200人以上を拉致(らち)、誘拐し、「強制結婚させるか、奴隷として売り飛ばす」などといった脅迫ビデオ映像を公開して世界的な非難を浴びた。
 1990年代に設立されたイスラム教学習グループが前身組織とされ、2002年ごろに同グループの分派組織としてナイジェリア北部で結成された。創設者のモハメド・ユスフMohammed Yusuf(1970―2009)はナイジェリア治安当局に拘束され、2009年に殺害された。その後、2010年にアブバカル・シェカウAbubakar Shekau(1969― )が指導者の地位について以来、テロ活動が過激化している。メンバーは数百人規模とされるが正確な人数は不明で、ナイジェリア国内のイスラム武装勢力による緩やかな連合体とみられている。欧米などに隠れているイスラム過激派支持者からの資金や誘拐の身代金などが資金源とされる。
 2012年以降、ナイジェリア政府が掃討作戦を強化したが、貧困層の若者らにイスラム原理主義思想を植えつけて増殖するボコ・ハラムに対する鎮圧の有効な手だては講じられていない。アメリカ政府は2013年11月にボコ・ハラムをテロ組織に指定。また、国連安全保障理事会の国際テロ組織アルカイダに対する制裁委員会は、2014年5月にボコ・ハラムを資産凍結や武器・資金提供を禁止する制裁対象リストに加えた。アルジェリアを中心に活動するイスラム過激派「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」とも武器供与や武装訓練などで関連があるとされ、隣国カメルーン、チャド、ニジェールなどにも勢力を広げている。ボコ・ハラムがテロ活動を繰り返す背景には、ナイジェリア北部にイスラム教徒、同国南部にキリスト教徒が多く住むという宗教上の問題のほか、ナイジェリア北部の経済発展が南部に比べ遅れているという南北格差問題があるとされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボコ・ハラムの関連キーワードジェバベヌエ川バレワ自由同盟[イタリア]ハマス党[アルジェリア]イスラム聖戦機構ベヌエ[川]イスラムの背教イスラム過激派フラニ王国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボコ・ハラムの関連情報