コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヘミア・ガラス Bohemian glass

世界大百科事典 第2版の解説

ボヘミア・ガラス【Bohemian glass】

中部ヨーロッパのボヘミア地方(現在のチェコスロバキア北西部地方)で,13世紀ころより発達してきたガラス工芸。その伝統は今日のチェコスロバキア,オーストリア,ドイツなどのガラス工芸に継承されている。その特色は,無色透明のカリ・クリスタル・ガラスを素材に使ったテーブル・グラスに,豪華な彫刻やカットを施した点にあった。ボヘミアン・バロック・グラスとして盛名を馳せた17世紀以降は,ヨーロッパ市場を独占していたベネチア・ガラスにかわって,ボヘミア・ガラスが市場を独占していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のボヘミア・ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…その結果,各国はガラス製品の自給を考えるようになり,ムラノ島からのガラス工人の引抜きを図った。
[ボヘミア・ガラス]
 まずフランスで鏡の生産が始まり,それはやがてベネチアに代わってヨーロッパ市場を独占する。中部ヨーロッパのボヘミアでは,ビザンティン・グラスの技術導入のあった11世紀ころからの伝統の上に,ベネチアの技術を加えて16世紀ころより急速にガラス工芸を発達させた。…

※「ボヘミア・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボヘミア・ガラスの関連キーワードヤブロネツ・ナド・ニソウベネチア・ガラスボヘミア・ガラス東欧美術

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android