コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルゲーゼ美術館 ボルゲーゼびじゅつかんGalleria Borghese, Roma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルゲーゼ美術館
ボルゲーゼびじゅつかん
Galleria Borghese, Roma

イタリア,ローマのビラ・ボルゲーゼにある美術館。 1891年 P.ボルゲーゼの破産により競売にかけられたボルゲーゼ家コレクションの一部を国家が買上げ,1902年美術館として公開した。ビラは,1613~16年オランダの建築家ヤン・ファン・サンテンが,コレクションを始めた枢機卿スキピオーネ・ボルゲーゼ (1576~1633) の離宮として建てたもの。収蔵作品は約 600点。著名な作品にボティチェリの『聖母子』,ティツィアーノの『聖愛と俗愛』,ベルニーニの『アポロンとダフネ』『ダビデ』,カノーバの『ポリーヌ・ボルゲーゼの像』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボルゲーゼ美術館【ボルゲーゼびじゅつかん】

ローマにある美術館。建物は17世紀に貴族ボルゲーゼBorghese家がビラとして建てたもの。ボルゲーゼ家のコレクションを収蔵し,古代ローマおよびヘレニズムの彫刻のほか,ルネサンスを中心とするイタリア美術名品を所蔵している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボルゲーゼびじゅつかん【ボルゲーゼ美術館 Galleria Borghese】

ローマにある美術館。名門ボルゲーゼ家の収集に由来するルネサンスとバロックの作品を中心に収蔵する。同家出身の教皇パウルス5世(在位1605‐21)と甥のシピオーネScipione枢機卿はともに熱心な美術愛好家で,1613年ローマ市の北のはずれにあるビラ・ボルゲーゼの広大な庭園中に小邸館を建て,一門の収集をここにまとめた。盛期ルネサンスの名作(ラファエロ《キリスト哀悼》,ティツィアーノ《聖愛と俗愛》)を中心に,シピオーネ庇護下の同時代の芸術家の作品(カラバッジョゴリアテの首を持つダビデ》,ベルニーニ《アポロンとダフネ》)をも含む収集は,17世紀末までに古代美術をも加えてさらに豊かになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボルゲーゼ美術館の関連キーワード果物籠を持つ少年ボルゲーゼ公園ホントホルスト病めるバッカスドッソ・ドッシバロック美術ローマ(市)ラファエッロドメニキーノベントゥーリコレッジョ支倉常長像

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android