ボンゼルス(英語表記)Bonsels, Waldemar

  • 1881―1952
  • Waldemar Bonsels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1881.2.21. アーレンスブルク
[没]1952.7.31. アンバハ
ドイツの作家。世界中を旅行し,帰国後ミュンヘン近郊アンバハで作家生活に入る。新ロマン主義作風で,小動物の生活を観察,自然の神秘的な生命力を描いた。『蜜蜂マーヤの冒険』 Die Biene Maja und ihre Abenteuer (1912) は世界中で愛読されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドイツの作家。各国を放浪し,自然と生命の神秘,それへのあこがれを美しく描いた。世界的名声を得た《みつばちマーヤの冒険》(1912年)では,小さいミツバチのマーヤが冒険をかさね,やがてクマバチの襲撃からを救うまでを童話風に物語る。ほかに紀行文など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1880‐1952
ドイツの人,作家。ハンブルク近郊に生まれ,少年時代からインドブラジルに至る各地を放浪したのち,1919年以来ミュンヘン南方の小村に定住。新ロマン派的な詩,戯曲,小説などを書いたが,何よりも小説《みつばちマーヤの冒険Die Biene Maya und ihre Abenteuer》(1912)で世界的な名を得た。《インド紀行》(1916)も邦訳がある。自然界に創造奇跡と神秘を探り,失われた人間本来のありかたを問うという作風は,晩年ことに意識的〈世界観文学〉への傾向を強めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの作家、詩人。医者の息子として生まれる。インド、エジプト、南アメリカなど広く世界を歩き、精細な自然観察と繊細な詩人的感性とによって優れた紀行文『インド紀行』(1917)を残した。詩人としては新ロマン派の系統に属し、その自然描写には汎神論(はんしんろん)的な傾向がうかがえる。動物を擬人化した物語『蜜蜂(みつばち)マーヤの冒険』(1912)は児童文学作品として名声を博し、28か国語に翻訳された。そのほかに注目すべき作品として『天国の民』(1915)がある。

[関 楠生]

『高橋健二訳『みつばちマーヤの冒険』(1976・国土社)』『実吉捷郎訳『インド紀行』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Waldemar Bonsels バルデマル━) ドイツの小説家、田園詩人。新ロマン主義派に属する。代表作「蜜蜂マーヤの冒険」。(一八八一‐一九五二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のボンゼルスの言及

【児童文学】より

…前者は童話,後者は家庭小説である。そのあいだに,1896年ウォルフガストH.Wolfgastが新しい児童文学を提唱して,ローゼッガーP.Roseggerなどを生み,やがて詩人W.ボンゼルスの《蜜蜂マーヤの冒険》(1912)が出て,第1次世界大戦にはいる。オーストリアのザルテンF.Saltenの《バンビ》(1923)とE.ケストナーの《エミールと探偵たち》(1928)が出ると,新生面がひらけるかにみえたが,第2次大戦でとざされてしまった。…

【蜜蜂マーヤの冒険】より

…ドイツの作家ボンゼルスが1912年に刊行した動物物語。蜜蜂マーヤが外の世界にあこがれて巣にもどらず,多くの昆虫たちと知り合って生と死の実相を知り,最後にクマンバチにとらわれて,自分の巣の危機を察知し,帰ってきて一族を救うまでを語る。…

※「ボンゼルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android