コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーシャン ボーシャン Bauchant, André

2件 の用語解説(ボーシャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーシャン
ボーシャン
Bauchant, André

[生]1873.4.24. シャトールノー
[没]1958.8.12. モントアール
フランスの画家,舞台装置家。初め園芸家であったが,47歳のときに画家に転向し,1921年のサロン・ドートンヌに入選。素朴派の一人で,主として動物,植物を配したナイーブな幻想的風景を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボーシャン
ボーシャン
Beauchamp, Pierre

[生]1636. ベルサイユ
[没]1705. パリ
フランスの舞踊家。 1661年王立舞踊アカデミー (のちのパリ・オペラ座バレエ団) の初代振付師に任命され,ルイ 14世に舞踊を教え,81年王とともに『愛の勝利』を踊った。またバレエの基本技法である脚足の5つのポジションを考案,舞踊譜を発明し,跳躍の新しい技術を開発するなど,舞踊理論家としての功績は大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーシャンの関連キーワード外伝 ベルサイユのばら アラン編外伝 ベルサイユのばら アンドレ編外伝 ベルサイユのばら ベルナール編ベルサイユのばら2001 オスカルとアンドレ編ベルサイユのばら アンドレとオスカルベルサイユのばら アンドレとオスカル編ベルサイユのばら オスカル篇ベルサイユのばら オスカル編ベルサイユのばらIIIベルサイユのばら フェルゼン篇

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーシャンの関連情報