コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージョレ ボージョレBeaujolais

翻訳|Beaujolais

3件 の用語解説(ボージョレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボージョレ(Beaujolais)

フランス中東部、中央高地の東の地方。リヨンの北部一帯をさす。ワインの産地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボージョレ【Beaujolais】

フランス中東部,ローヌ県北部の地方。中心都市ビルフランシュ・シュル・ソーヌVillefranche‐sur‐Saône(人口2万8881。1982)。ボージョレとは,ボージュの地方またはボージュ伯領を意味する。この地方は10~12世紀にボージュ家の所領であったが,その後アルボン・フォレ家,ブルボン家オルレアン家へと領有権が移り,17世紀のルイ14世治下で伯領が設けられた。 ボージョレ山地が南北に連なり,その東斜面はブドウ酒の産地として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボージョレ【Beaujolais】

フランス南東部、リヨンの北、ソーヌ川下流の西岸地方。ワインの産地として有名。中心都市ビルフランシュ-シュル-ソーヌ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のボージョレの言及

【ソーヌ[川]】より

…南流する部分は西側のマシフ・サントラルと東側のジュラ山脈に挟まれた幅の広い地溝であり,ソーヌ川沿いの平野ではトウモロコシの栽培が盛んである。西側には1000m内外の標高をもつマコネ,ボージョレの山地が続き,ブルゴーニュ・ワインの特産地として名高い。ソーヌ川に沿うマコンMâconはワインの集散地の一つである。…

【ブドウ酒(葡萄酒)】より

…しかし,地区によっては熟成期間を短くして出荷するものもある。なかでもブルゴーニュ地方のボージョレーの新酒は,仕込んで2ヵ月もたたぬ11月15日に発売解禁となり,多くのフランス人を熱狂させる。 白ワインでは,ブドウを破砕機でつぶして亜硫酸を加えると,すぐ圧搾機にかける。…

※「ボージョレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボージョレの関連情報