コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボージョレ ボージョレ Beaujolais

翻訳|Beaujolais

3件 の用語解説(ボージョレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボージョレ(Beaujolais)

フランス中東部、中央高地の東の地方。リヨンの北部一帯をさす。ワインの産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボージョレ【Beaujolais】

フランス中東部,ローヌ県北部の地方。中心都市ビルフランシュ・シュル・ソーヌVillefranche‐sur‐Saône(人口2万8881。1982)。ボージョレとは,ボージュの地方またはボージュ伯領を意味する。この地方は10~12世紀にボージュ家の所領であったが,その後アルボン・フォレ家,ブルボン家オルレアン家へと領有権が移り,17世紀のルイ14世治下で伯領が設けられた。 ボージョレ山地が南北に連なり,その東斜面はブドウ酒の産地として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボージョレ【Beaujolais】

フランス南東部、リヨンの北、ソーヌ川下流の西岸地方。ワインの産地として有名。中心都市ビルフランシュ-シュル-ソーヌ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボージョレの言及

【ソーヌ[川]】より

…南流する部分は西側のマシフ・サントラルと東側のジュラ山脈に挟まれた幅の広い地溝であり,ソーヌ川沿いの平野ではトウモロコシの栽培が盛んである。西側には1000m内外の標高をもつマコネ,ボージョレの山地が続き,ブルゴーニュ・ワインの特産地として名高い。ソーヌ川に沿うマコンMâconはワインの集散地の一つである。…

【ブドウ酒(葡萄酒)】より

…しかし,地区によっては熟成期間を短くして出荷するものもある。なかでもブルゴーニュ地方のボージョレーの新酒は,仕込んで2ヵ月もたたぬ11月15日に発売解禁となり,多くのフランス人を熱狂させる。 白ワインでは,ブドウを破砕機でつぶして亜硫酸を加えると,すぐ圧搾機にかける。…

※「ボージョレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボージョレの関連キーワードタラスコンムランリヨンローヌ川アルザスロレーヌニュイサンジョルジュブルトイユ城ランブイエ城アルザス・ロレーヌ問題トゥーレーヌ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボージョレの関連情報