コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードゥイン Bauduin, Anthonius F.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボードゥイン
Bauduin, Anthonius F.

[生]1822.6.20. ドルドレヒト
[没]1885.6.7. ハーグ
オランダの軍医。ユトレヒト,フローニンゲン両大学を卒業,ユトレヒト軍医学校教官となり,文久2 (1862) 年長崎養生所教師として来日。内科,外科,ことに眼科に詳しく,H.ヘルムホルツ発明の検眼鏡を日本に伝えた。教えを受けた者は 1000人を下らなかった。慶応2 (66) 年に一時帰国し,同4年に再び来日,明治2 (69) 年大阪医学校病院,翌年大阪軍事病院の教師となり,同年7月帰国の途次,東京で政府に強く求められ,大学東校 (東京大学医学部の前身) で教えて,閏 10月に帰国した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボードゥインの関連キーワードマンスフェルトフローニンゲン長与 専斎橋本 綱常ユトレヒト橋本綱常緒方惟準岩佐純

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android