コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボードゥイン ボードゥインBauduin, Anthonius F.

1件 の用語解説(ボードゥインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボードゥイン
Bauduin, Anthonius F.

[生]1822.6.20. ドルドレヒト
[没]1885.6.7. ハーグ
オランダの軍医。ユトレヒト,フローニンゲン両大学を卒業,ユトレヒト軍医学校教官となり,文久2 (1862) 年長崎養生所教師として来日。内科,外科,ことに眼科に詳しく,H.ヘルムホルツ発明の検眼鏡を日本に伝えた。教えを受けた者は 1000人を下らなかった。慶応2 (66) 年に一時帰国し,同4年に再び来日,明治2 (69) 年大阪医学校病院,翌年大阪軍事病院の教師となり,同年7月帰国の途次,東京で政府に強く求められ,大学東校 (東京大学医学部の前身) で教えて,閏 10月に帰国した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボードゥインの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone