コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボールトン ボールトン Bolton

2件 の用語解説(ボールトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールトン
ボールトン
Bolton

イギリスイングランド中北部,グレーターマンチェスター地域北西部の都市。ボールトン地区を構成する。マンチェスターの北西約 20kmにあり,マージー川水系クロール川に臨む。1251年勅許を得て市場町となったが,発展は 18世紀,それまでの羊毛産業に代わって綿工業が発達し始めてからで,1780年頃最初の綿紡績工場が建設され,19世紀中頃までに綿紡績工業の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボールトン

英国の企業家。初め金物製造業を営み,ワット蒸気機関製作に協力。1775年ワットとともにボールトン・ワット商会を設立,1796年世界最初の近代的機械工場として著名なソーホー鋳造工場を建設,蒸気機関その他の製造に当たるとともに,多数の技術者を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ボールトンの関連キーワードインテグレーターイギリス東インド会社イングランドイギリス国教会アングレーズイギリスオランダ戦争ハイランド スプリングHastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボールトンの関連情報