コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボールトン ボールトンBolton

2件 の用語解説(ボールトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールトン
Bolton

イギリスイングランド中北部,グレーターマンチェスター地域北西部の都市。ボールトン地区を構成する。マンチェスターの北西約 20kmにあり,マージー川水系クロール川に臨む。1251年勅許を得て市場町となったが,発展は 18世紀,それまでの羊毛産業に代わって綿工業が発達し始めてからで,1780年頃最初の綿紡績工場が建設され,19世紀中頃までに綿紡績工業の中心地となった。20世紀に入って綿工業の長期的衰退傾向に対処するため,工業の多角化がはかられ,機械,化学,皮革などの工業が行なわれる。ミュール精紡機(1779)の発明者サミュエル・クロンプトンの生地で,水力紡績機(1769特許)の発明者リチャードアークライトも住んだことがある。チャドウィック博物館は織物工業の歴史を展示している。地区面積 140km2。地区人口 26万4800(2004推計)。都市人口 13万9403(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボールトン

英国の企業家。初め金物製造業を営み,ワット蒸気機関製作に協力。1775年ワットとともにボールトン・ワット商会を設立,1796年世界最初の近代的機械工場として著名なソーホー鋳造工場を建設,蒸気機関その他の製造に当たるとともに,多数の技術者を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボールトンの関連情報