ボールペン(英語表記)ball point pen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールペン
ball point pen

ボール・ポイント・ペンの略。筆記用具の1種。ペン先部に装着した小鋼球 (ボール) が回転することで,毛細管現象によって引出された軸内のインクが紙に転写される仕組みのペン。 1888年にアメリカの J.ロードによってその原型が発明されたが,1943年 L.ビロによって改良が加えられ現在のような形となった。 44年からは商品化されるようになり,その簡便性から広く普及し,日本には第2次世界大戦後にもたらされた。通常は油性のインクを用いるが,66年には水溶性のインクを用いた水性ボールペンが日本で開発された。筆記幅はボールの径によって決る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボール‐ペン

ball-point penから》軸の円錐形になっている先端に小さなボールがはめ込んであるペン。書くときこのボールが回転して、軸内から特殊インクが出て筆記される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボールペン

筆記具の一つ。ペン軸先端の小球が,運筆に応じて回転し,軸内のインキは小球を伝わって流出し記録される。小球はタングステン炭素鋼,クロム鋼,ステンレス鋼,人造宝石などが使われ,直径は1.2mmが標準,細字用には0.7mmがある。1888年米国で発明されたが,当初はインキもれの欠点があった。それが改良され,1940年代に商品化されて広く普及。現在は水性インキを使用したものもある。
→関連項目ペン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボールペン【ball‐point pen】

アメリカのロードJohn Laudが板や厚紙に印をつけるものとして1888年に考案したものが原型とされるが,ハンガリー出身のビロLazlo Biroが改良を加え,1943年に筆記具として完成させた。44年アメリカのエバーシャープ社がビロの特許を買って商品化し,以後急速に普及した。構造は先端のボールが回転することにより,軸内からインキを紙に転写するというもので,粗面でもスムーズに書ける。日本には第2次世界大戦後もたらされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボールペン【ball pen】

ペン先のかわりに、回転する小さな鋼球をはめこみ、そこからインクをしみ出させて書くペン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボールペン
ぼーるぺん
ball point pen

筆記具の一種。ペン先部に装置した小鋼球(ボール)の回転により軸内のインキを引き出し、書写する仕組みとなっている。1943年に新聞の校正係をしていたハンガリー人のラディスラオ・ビロが開発したのに始まるが、1944年にそれよりもさらに改良されたものがアメリカで発売され、日本へは第二次世界大戦後、進駐軍兵士によって紹介された。粘性の油溶性インキを用いる油性ボールペンが一般的であるが、現在は水性インキを用いた水性ボールペンも出ている。
 油性ボールペンは、軸内のパイプに入った油溶性インキをボールの回転によって導き出す方式で、鉛筆型のものと携帯用のものとがある。普通、携帯用は中芯(しん)交換式になっているが、鉛筆型には使い捨て方式のものもある。また筆記幅はボール径によって決まり、0.5ミリ、0.7ミリ、0.9ミリ、1.0ミリなどの種類がある。このほか、上向きでも筆記できるようにした「エアペン」(圧縮ガスによりつねにインキを前に押し出しているため)や、書いたあと消しゴムで消すことができる特殊インキを用いたものもある。
 水性ボールペンは、サインペンと油性ボールペンの中間的構造の製品で、サインペンと同質の水溶性インキを用いており、多くは軸内のフェルト状の粗毛にしみ込ませたインキを、誘導芯によって先端のボールまで毛細管作用により引き出す。インキをじかに貯蔵したものもある。力を入れずに軽く書け、油性のように筆記中ペン先部にインキがたまるような現象がないのが特長であるが、トレーシングペーパーのように表面に水分がのりにくいものには、うまく筆跡が得られない場合がある。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

ボールペン

文房具
慶應義塾大学(東京都港区)の大学ブランド。
慶應義塾公式グッズのボールペン。アメリカ合衆国の筆記具ブランドCROSS(クロス)のボールペン・クラシックセンチュリーにペンマークを刻印したもの。色はシルバー・ネイビー・ブラックの3種類。価格は、各5000円(税込)。慶應義塾取り扱い。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

ボールペン

[文房具]
東京大学東京都文京区)の大学ブランド。
コミュニケーションマークの入ったボールペン。色はメタリックシルバー。価格は、700円(税込)。東京大学コミュニケーションセンター取り扱い。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボールペンの関連情報