コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアントノアール Pointe-Noire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポアントノアール
Pointe-Noire

コンゴ共和国南西部,大西洋にのぞむ港湾都市クイルー州州都ブラザビル西南西約 390kmに位置。 1950~58年フランス領赤道アフリカ中央コンゴの首都。同国第1の貿易港で,国際空港もある。中央アフリカ共和国の輸出入港としても重要であるほか,ガボンのマンガン鉱石の輸出も扱う。製材パーム油,食品加工,機械修理などの工場があり,工業の種類は首都より多い。人口 57万 6206 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポアントノアールの関連キーワードコンゴ共和国クイルー川モアンダバンギ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android