コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポドゴリツァ ポドゴリツァ Podgorica

6件 の用語解説(ポドゴリツァの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポドゴリツァ
ポドゴリツァ
Podgorica

モンテネグロの首都。旧称ティートグラード (チトーグラド) Titograd (1946~92) 。アルバニアとの国境にあるシコダル湖の北,モラチャ川とリブニツァ川の合流点近くに位置する。 14世紀初頭の年代記にすでに名がある古い町で,1474年から 1878年まではオスマン帝国の支配下に置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポドゴリツァ(Podgorica)

モンテネグロ共和国の首都。ユーゴスラビアの一部だった1946年にチトー大統領にちなみチトーグラードと改称されたが、1991年現名称に復した。人口、行政区14万、都市圏17万(2003)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポドゴリツァ

モンテネグロの南東部にある,同国の首都。郊外にローマ時代の遺跡が残る古い町で,古くはリブニツァ,1326年からはポドゴリツァと呼ばれていた。第二次大戦で市街は壊滅的打撃を受けたが,戦後チトーグラードと改名し再建された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポドゴリツァ【Podgorica】

ユーゴスラビア南西部,モンテネグロ(ツルナ・ゴーラ)共和国の主都。人口11万8000(1991)。リブニツァ川とモラチャ川の合流地にあり,低地(45m)のため7月には40℃を超す炎暑となる。7世紀ごろから南スラブ人が定住し,中世セルビアネマニッチ朝をたてたステファン・ネマーニャの生地である。13世紀ごろからポドゴリツァとして文献に見えるが,郊外に残るローマ時代のドゥクリア遺跡から判断して,町は古代からの都市であったことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポドゴリツァ【Podgorica】

モンテネグロ共和国の首都。リブニツァ川とモラチャ川の合流地に位置する交通の要地。アルミニウム製造・食品などの工業が行われる。旧称、チトーグラード。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポドゴリツァ
ぽどごりつぁ
Podgorica

モンテネグロ共和国の首都。1946~91年はチトーグラードTitogradと称したが、社会主義体制崩壊後、旧称であったポドゴリツァに改称された。人口17万9403(2003)。リブニツァ川がモラチャ川に合流する地点にあるため、ローマ時代から交通の要衝として発達。ローマ時代ドクレアDocleaとよばれ、後にスラブ人が来てポドゴリツァを建設した。15世紀後半から1878年までトルコ支配下にあり、第一次世界大戦ではオーストリア第二次世界大戦ではイタリアに占領され、空襲により壊滅的被害を受けた。1945年にユーゴスラビア連邦人民共和国(旧ユーゴスラビア)の建国が宣言され、モンテネグロは連邦を構成する6共和国の一つとなり、翌46年、大戦の英雄チトーにちなんでチトーグラードと改称しツェティニェから遷都されると、モンテネグロ社会主義共和国の主都として、文字どおり政治、経済、文化の中心地となった。その後、旧ユーゴスラビアの解体を経て、1992年モンテネグロはセルビアとともに新ユーゴスラビア(2003~06年はセルビア・モンテネグロとなる)を成立させ、2006年6月にセルビア・モンテネグロから分離独立した。中世セルビアのネマーニャ王朝の開祖ステファン・ネマーニャStefan Nemanjaが洗礼を受けたと伝えられる聖ジョルジェ教会(11世紀)、トルコ風の旧市街に立つ時計塔(18世紀)、パルチザン戦士への記念廟(びょう)などで有名。ドクレアの出土品を収めた近郊の考古学コレクション、大学、放送局、空港、天文気象学研究所、地震観測所、諸種の専門学校がある。アルミニウム製造のほか、金属加工・織物・タバコ・食品工場がおもな産業である。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポドゴリツァの関連キーワードセルビアツェティニェモンテネグロユーゴスラビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroセルビアン・トリコロール・ハウンドモンテネグリン・マウンテン・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンドモンテネグロ共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポドゴリツァの関連情報