ポリカーボネート(英語表記)polycarbonate

翻訳|polycarbonate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主鎖の繰返し単位中に炭酸エステル結合 ( -O-CO-O- ) をもつ重合体の総称。製法としては,(1) ビスフェノールA ( 2,2 -ビス〈4-オキシフェニル〉プロパン) とホスゲントルエンなどの溶媒中で反応させる方法と,(2) ビスフェノールAとジフェニルカーボネートとを反応させる方法がある。ポリカーボネートと呼ばれる重合体は,ビスフェノールAと炭酸のエステルを意味し,機械的強度が大で,電気絶縁性もよく,熱安定性もすぐれ,機械部品,電気部品,自動車部品などに使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビスフェノールAのアルカリ溶液に塩化カルボニルを反応させてつくった低分子量のポリカーボネートを,さらに重合させてつくる熱可塑性樹脂。1956年に初めて合成された。無色透明,比重1.2,耐熱性,機械的強度がすぐれ,温度による物理的性質の変化が少ないのが特徴。耐候性,加工性がよく吹込成形容易用途は精密成形品レンズ,ヘルメット,カバー類など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツのバイエル社で1956年に初めて合成された比較的新しい熱可塑性樹脂。透明で硬く,最も耐衝撃性にすぐれた樹脂であり,レンズ,有機ガラス光ディスク材料,ヘルメット,保護具,カバー類などに用いられる。また,耐熱性,電気特性がよく,成形品の寸法安定性がよいため,コネクターや電子機器部品に適している。工業的には,ビスフェノールAのアルカリ溶液にホスゲンを反応させ,低分子量のポリカーボネートをつくり,さらに重合を進めて,分子量2万~10万の樹脂をつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

炭酸と二価アルコールまたは二価フェノールの縮合重合体とみなせるポリエステルの総称。普通には、ビスフェノール A とホスゲンの反応によって得られるものをさす。耐衝撃性・機械的強度が大きく、レンズ・コンパクトディスクをはじめ、機械部品・電気部品として用いられる。 PC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーボネート結合(炭酸エステル結合ともいう)‐O‐R‐O‐CO‐を主鎖にもつ重合体(ポリマー)で、ポリエステルの一種。1956年にドイツのバイエル社のシュネルH.Schnellにより初めて合成された。実用化されているものは、ビスフェノールAのナトリウム塩とホスゲンから得られる、芳香族のポリカーボネートである。ホスゲンを用いないエステル交換法もあるが、日本ではホスゲン法が採用されている。無色ないし淡黄色透明の材料で、引張り強さ、曲げ強さ、耐衝撃性が大きく、その性質は金属材料に匹敵している。耐水性と耐酸性はよいが、耐アルカリ性は小さい。エンジニアリング・プラスチックの代表的なものとして成長を続けてきた。家電、電子通信、精密機器、自動車などの分野で構造材料、機能材料として広く使われている。最近ではコンパクトディスクの材質に使用されている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (polycarbonate) 主鎖中に炭酸エステル結合(-O-R-O-CO-)を含む線状高分子のこと。一般にポリ炭酸エステルとは二、二‐ビス(四‐ヒドロキシフェニル)プロパンから作られる重合体(ポリマー)をさす。アルコール、エーテル、硫酸などには溶けないが、ベンゼン、塩化メチレン、ケトン類には可溶。透明性、耐衝撃性に優れ、金属に代わる樹脂とされている。ポリ炭酸エステル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

略称PC.炭酸とグリコールまたは二価フェノールとからなるポリエステルで,一般式で表される(Rは二価の脂肪族または芳香族炭化水素基で,狭義にはビスフェノールAとホスゲンから得られるポリカーボネートをさす).-O-CO-O-結合をもつ線状重合体は,1956年,西ドイツBayer社のH. Schnellによって合成された.代表的製法としては,エステル交換法とホスゲンによる重縮合とがあり,たとえば,ビスフェノールとジフェニルカルボナートの過剰とを180~220 ℃ に加熱し,2.7~4.0 kPa の減圧でフェノールを反応系外に除去する.必要に応じて触媒を添加する.重合度の非常に大きなものは得がたいが,逆に成形性のよいものが得られる傾向がある.

ビスフェノールとホスゲンの反応では塩化水素が脱離するので,その捕集剤を共存させる必要があり,アルカリ水溶液系やピリジン系で行う方法がある.工業的には前者が採用されているようである.機械的性質,耐候性,耐熱性がすぐれ,寸法安定性がよく,難燃性,透明であるが,わずかながら吸湿性がある.メタノール,ケトン,エーテル,芳香族炭化水素などの有機溶剤に対する耐溶剤性はあまりよくない.また,ジクロロメタン,ジオキサン,クロロベンゼンなどが好溶媒である.寸法安定性のよい点を利用して,機械部品,電気部品,写真フィルムベース,光記録材料(CD)などに利用できる.[CAS 24936-68-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポリカーボネートの言及

【エンジニアリングプラスチック】より

…エンプラと略称されることもある。代表的なものとしては,ポリアセタールポリアミド(ナイロン),ポリエステル(PBT),ポリカーボネート,変性PPO(商品名ノリル)があり,汎用エンジニアリングプラスチック(汎用エンプラ)と呼ばれる。エポキシ樹脂,シリコーン樹脂のような熱硬化性樹脂,より耐熱性の高いポリアリレート,PPS,ポリイミド樹脂なども含まれる。…

※「ポリカーボネート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリカーボネートの関連情報