コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリツィアーノ ポリツィアーノPoliziano, Angelo

5件 の用語解説(ポリツィアーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリツィアーノ
ポリツィアーノ
Poliziano, Angelo

[生]1454.7.14. モンテプルチアーノ
[没]1494.9.28. フィレンツェ
イタリアの詩人,人文主義者,古典学者。本名 Angelo Ambrogini。ロレンツォ・デ・メディチの庇護を受け,人文主義者のフィチーノ,ランディーノらと交わった。『イリアス』のラテン語訳 (1470~75) や多数の詩篇,特に俗語による『騎馬試合の歌』 Stanze per la giostra del Magnifico Giuliano de' Medici (75~78) で声価を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポリツィアーノ(Angelo Poliziano)

[1454~1494]イタリアの詩人・人文主義者。プラトン哲学者フィチーノの弟子。メディチ家家庭教師として活躍。晩年は古典籍の評釈などに努めた。詩「騎馬槍試合のスタンツェ」、詩劇「オルフェオ物語」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ポリツィアーノ【Angelo Poliziano】

1454‐94
イタリアの盛期ルネサンスにおける最も代表的な詩人,人文学者。本名アンジェロ・アンブロジーニ。モンテプルチアーノに生まれる。1464年に父が殺された後,フィレンツェへ移り住む。69年ごろから74年までフィレンツェ大学に通い,ラテン語とギリシア語に通暁した彼は,すでに70年にホメロスの《イーリアス》の第2巻をラテン語に訳して,ロレンツォ・デ・メディチに献じた。ロレンツォは彼をその息子ピエトロの家庭教師とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポリツィアーノ【Angelo Poliziano】

1454~1494) イタリアの詩人・人文学者。当代一級のギリシャ・ラテン文学研究者。新プラトン主義を反映した八行韻詩「スタンツェ」、聖史劇「オルフェウス物語」で知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリツィアーノ
ぽりつぃあーの
Angelo Poliziano
(1454―1494)

イタリアの詩人、人文学者。本名アンジョーロ(またはアニョーロ)・アンブロジーニAngiolo (Agnolo) Ambrogini。7月14日モンテプルチアーノに生まれる。フィレンツェ大学に通い、アルギュロプロス、ランディーノ、アンドロニコ・カッリスト、カルコンデュラスらから学ぶ。若くしてラテン語とギリシア語に熟達し、1470年ホメロスの『イリアス』第二巻をラテン語に訳して、ロレンツォ・デ・メディチに献じた。73年ロレンツォは彼をメディチ家に招じ入れ、長男ピエロの家庭教師とした。そのころ新プラトン主義の哲学者マルシリオ・フィチーノから感化を受ける。71年ごろからギリシア語の風刺詩を手がけ、またラテン語でオードや悲歌を書いた。75年ごろスタティウス風の「シルバ」とよばれる詩を書く。また75年に書き始めたジュリアーノ・デ・メディチの頌詩(しょうし)『馬上槍(やり)試合のための詩』は、78年パッツィの陰謀によりジュリアーノが殺害されたため未完のままに残された。彼はサルスティウスを模して、その陰謀の経緯を書いている。ロレンツォの妻クラリーチェとピエロの教育問題で対立し、メディチ家を出て(1479)、マントバの枢機卿(すうききょう)フランチェスコ・ゴンザーガのもとに身を寄せ、詩劇『オルフェオ物語』を書く(1480)。
 のちロレンツォと和解してフィレンツェに戻り、フィレンツェ大学の詩学と雄弁術の講座を担当する。このころから文献学的研究を精力的に行い、その成果を『雑録』に収める。また大学における通年講義の序説として、スタティウスの著名な書の表題を借りた詩『シルバエ』を吟唱した。さらに古典詩人たちに関する講義のほか、アリストテレスに関する講義も行った。1494年9月24日フィレンツェに没。[佐藤三夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポリツィアーノの言及

【イタリア演劇】より


[17~18世紀]
 知識人によって書かれたルネサンス喜劇は,反宗教改革の進行とともに衰退の道をたどり,かわってコメディア・デラルテに代表されるような民衆喜劇が主流を占めるようになった。同時にラウダや宗教劇に始まったオペラ的なものは,A.ポリツィアーノの《オルフェオ》を経て,16世紀には牧歌劇が発展整備され,やがて文学と音楽の関係がいっそう密になって,17世紀にかけてカバリPietro Francesco Cavalli,G.カッチーニC.モンテベルディなどの〈メロドラマ〉(オペラ)を生んだ。イタリア演劇ではこの〈メロドラマ〉が悲劇の役割を果たした。…

【イタリア文学】より

…すなわち,15世紀イタリア・ルネサンスの基盤をなす〈人文主義〉は,ペトラルカとボッカッチョの古典文献の発掘と再認識に始まったのである。この運動は,ギリシア・ラテンの古典世界とキリスト教世界の調和という主題をめぐって,メディチ家支配下のフィレンツェに〈新プラトン主義〉を生みだして,ロレンツォ・デ・メディチやポリツィアーノのような詩風がもてはやされた。ポリツィアーノが《スタンツェ》(1475)や《オルフェオ物語》(1480)のなかで一貫して古典に題材を求めたのは当然であった。…

【人文主義】より

…この中核がフィチーノを長とするプラトン・アカデミー(アカデミア・プラトニカ)で,メディチ家のバック・アップもあって,周囲に傑出した文化人を集めた。ポリツィアーノは古典研究を批判的文献学にまで高めた第一人者であり,ピコ・デラ・ミランドラは《人間の尊厳性》を著して,フィチーノの人間中心の思想を自由意志の哲学へと発展させて,人文主義の頂点を極めた。彼らの活躍によってフィレンツェは〈花の都〉とうたわれ,世界中から留学生が集まった。…

※「ポリツィアーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリツィアーノの関連キーワードエセン金春禅鳳森吉山足利成氏伊勢貞親享徳の乱古河公方赤松則尚赤松政秀足利成氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリツィアーノの関連情報