ポリディム鉱(読み)ぽりでぃむこう(英語表記)polydymite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫スピネル系鉱物の一つ。四三ニッケル鉱という和名もある。自形は正八面体。あるいはこれを基調とした立体。正マグマ性鉱床、深熱水鉱脈鉱床などから産する。日本では長野県飯田(いいだ)市天竜鉱山(閉山)、群馬県多野(たの)郡鬼石(おにし)町(現、藤岡市)多野鉱山(閉山)などから報告されている。

 共存鉱物は黄銅鉱、磁硫鉄鉱、黄鉄鉱、針ニッケル鉱、ゲルスドルフ鉱、閃亜鉛鉱(せんあえんこう)、方鉛鉱、輝蒼鉛鉱(きそうえんこう)、石英、菱鉄鉱(りょうてっこう)、蛇紋石(じゃもんせき)、滑石、方解石、苦灰石(くかいせき)など。同定は外形と、淡灰色で金属光沢を有することによる。風化によってやや赤味を帯びた表面を形成する。しかし、細粒で周囲に比較する硫化物がないとわかりづらい。英名はスピネル双晶が繰り返して発達することのある状況を示すギリシア語の「多重」に由来する。

[加藤 昭 2018年10月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android