コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリュクラテス ポリュクラテスPolykratēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリュクラテス
Polykratēs

[生]?
[没]前522頃
古代ギリシア,サモス (サモス島 ) の僭主 (在位前 535頃~522頃) 。海軍を増強させ,近隣の島々を併合し,エジプトやキュレネと同盟を結ぶなど活発な外交政策によりサモスの強大化をはかった。数々の海賊的略奪行為のためにギリシアに悪名をはせたが,他方,文芸を愛し,アナクレオンらの詩人や芸術家を保護した。前 522年頃ペルシアのオロイテスに誘われて大陸におもむき,そこで殺された。

ポリュクラテス
Polykratēs

前4世紀のギリシアの雄弁家。アテネの生れ。『反ソクラテス論』 Katēgoria Sōkratousによって,プラトンクセノフォンイソクラテスらに反駁されたことで有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリュクラテス【Polykratēs】

?‐前522ころ
サモス島の僭主。前538年ころ2人の兄弟とともに貴族政を倒して政権を奪い,前532年ころまでに兄弟を排除して一人支配を樹立した。多数の傭兵と強力な艦隊を擁して,付近の島々や小アジア本土に支配を広げ,エジプト,キュレネ,ナクソスなどと友好関係を結んだ。国内では毛織物業を盛んにし,山をくり抜いた全長1km以上の水道などの大土木工事を興して平民に仕事を与え,アナクレオンなどの詩人を宮廷に招き,サモスに空前の繁栄をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポリュクラテスの言及

【指輪∥指環】より

…少なくとも指輪がある魔力への信仰と結びついていること,またそれが〈完璧なるもの〉の象徴としての円と不可分であることは確実であるにしても,魔力というもの自体がつねにプラス(祝福)とマイナス(呪い)の両義性を秘めているのである。ポリュクラテスの伝説はその好例であろう。このサモス島の僭主はあまりにも幸運に恵まれていた。…

※「ポリュクラテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリュクラテスの関連キーワードサモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿ソクラテスの思い出ビクトル1世デロス[島]ピタゴリオンヘライオンイビュコスピタゴラスイビコスメリト