ポンカン

  • Citrus poonensis Tanaka
  • Citrus reticulata Blanco
  • ponkan
  • ぽんかん / 椪柑

百科事典マイペディアの解説

インド原産のミカン科の常緑樹柑橘(かんきつ)の一種。樹高4m内外でにはとげがなく,葉はやや小型で,花は白色果実は扁球形で200g内外。果皮は濃い黄橙色で厚く,内皮との間が中空になりやすくよくむける。2〜3月成熟して甘く,かおりもよい。日本では九州南部でおもに作られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんきつ類マンダリンの1種。台湾では椪柑と書き果梗部が突出するので柑とも書く。フィリピンでバタンガスbatangas,インドでスンタラsuntaraなど異名が多く,品種も多く分化している。果実が扁球形で小さい低檣(ていしよう)系と,球形で大果の高檣系に品種は大別され,少しずつ特性が異なる。木は直立するが叢生(そうせい)状。葉は小さく,枝葉は密生する。白色5弁花が5月に咲く。果実は150~200g。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミカン科(APG分類:ミカン科)の常緑低木。インド北部原産。樹高約4メートルで、直立し、枝条は著しく密生する。葉は濃緑色で小さく、線状の翼がある。花は白色で結果枝に頂生し、多くは単生する。果実は縦径約5センチメートル、横径約6センチメートルで、果重200~250グラム、果柄部は突出し、果頂部はくぼむ。剥皮(はくひ)は容易で、果肉は甘味に富み、多汁で、香りが高く、風味がよい。多胚(はい)からなる数粒の種子がある。インド北部、ネパール、東南アジア、中国大陸南部、台湾に多く、日本では温暖な地域で栽培される。愛媛県、鹿児島県、高知県などに多い。屋久島(やくしま)、種子島(たねがしま)のものはよいとされる。大葉系、小葉系などがあるが、コウショウポンカンは優良品種である。イハラポンカンは耐寒力がやや強い。台湾では10~11月、鹿児島県では12~1月に熟す。

[飯塚宗夫 2020年10月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android