コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンデュガール ポンデュガールPont du Gard

3件 の用語解説(ポンデュガールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンデュガール
ポンデュガール
Pont du Gard

フランス南部,ガール県にある古代ローマ水道橋 (→ローマ水道 ) の遺構。ユゼス近傍の水源からニームにいたる給水路の一部をなし,ガール川の上にかかっている。前 19年建造。3層からなる石造りのアーチで支えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポンデュガール【ポンデュガール】
Pont du Gard

フランス南部の都市ニーム(Nîmes)近郊、ガール県のガール川(ガルドン川)に架かるローマ時代の水道橋。ニーム駅から約23kmの場所にあり、ニーム、あるいはアビニョン(Avignon)駅からバスが運行している。この水道橋はユゼス(Uzes)の水源から約50km離れたネマウスス(現在のニーム)に水を引くための導水路の一部で、紀元前19年ごろにローマ帝国の初代皇帝アウグストゥス帝の腹心でガリア(現在のフランス)を統治していたアグリッパの命令で建設されたといわれている。この水道橋は三層構造の石造アーチ橋で高さ49m、長さは275mある。水源のユゼスとニームの高低差がわずか17mしかないにもかかわらず、水はスムーズに流れており、古代ローマの土木技術の水準の高さを示す事例にもなっている。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone