コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポール=ロワイヤル ポール=ロワイヤルPort-Royal

翻訳|Port-Royal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポール=ロワイヤル
Port-Royal

ジャンセニズムの牙城として著名なフランスのシトー会女子修道院。 1204年ベルサイユ南方のシュブルーズの谷に建てられ,1609年 J.M.A.アルノーが女子大修道院長となって改革を推進。 26年健康によくない本院 (ポール=ロワイヤル・デ・シャン) を捨ててパリに移った。 38年デュベルジエ・ド・オーランヌ (通称サン・シラン) を指導者として隠者たち (アルノー家の人々,ル・メートル・ド・サシ,P.ニコルら) が本院に住みはじめたが,48年修道女たちによって本院が再開されると,隠者たちは近くのレ・グランジュに移って学校を建てた。 J.ラシーヌはここで学び,著名な文法,論理学の書がここで作られた。デュベルジエによってもたらされたジャンセニズムのゆえに,パリの修道院は迫害を受け,65年修道女たちは本院に移住。 79年学校は閉鎖され,1709年修道院も閉鎖。 11年建物と墓地が破壊された。パリの修道院は大革命期に監獄とされたが,1841年まで続き,その後病院になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポール=ロワイヤルの関連キーワードポール・ロアイヤル運動ランスロパスカルラポルトモラン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android