マイケルソン(英語表記)Michelson, Albert Abraham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイケルソン
Michelson, Albert Abraham

[生]1852.12.19. スチェルノ
[没]1931.5.9. カリフォルニア,パサディナ
ポーランド生れのアメリカの物理学者。 1854年2歳のときに一家で渡米。アナポリス海軍兵学校卒業後,そこで物理と化学を教えた (1875~79) 。ドイツとフランスへ留学 (80~82) 。帰国してクリーブランドの応用科学ケース・スクール教授 (83) 。クラーク大学教授を経て,シカゴ大学教授 (92) 。 81年マイケルソンの干渉計発明し,それを用いて光速度の厳密な決定を行なったほか,E.モーリーと共同で地球と光の媒体としてのエーテルの相対速度の変化を検出する実験 (マイケルソン=モーリーの実験 ) を行なった (87) 。この実験結果はアインシュタイン光速度不変の原理を確立する有力な動機となった。そのほか,長さの基準として光の波長を用いる提案 (93) ,天体の直径の測定 (1920) などを行なった。 1907年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マイケルソン

米国の物理学者。海軍兵学校を出,ヨーロッパに留学して物理学を学び,1893年シカゴ大学教授。光学を研究し,光速度を測定,精密な干渉計マイケルソン干渉計)を発明(1881年),マイケルソン=モーリーの実験を行った。またカドミウムの赤線の波長を精密に測定(1893年),メートル原器の代りに波長を基準とすることを提案,分解能の大きい階段格子を発明した。1907年米国人最初のノーベル物理学賞。
→関連項目光速度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイケルソン【Albert Abraham Michelson】

1852‐1931
プロイセン生れのアメリカの物理学者。2歳のとき家族とともにアメリカに移住した。1873年海軍兵学校を卒業し,2年間西インド諸島を巡航した後,海兵学校の物理学,化学の講師となった。その間にJ.ティンダルのアメリカ講演が刺激となって光速度の測定実験に着手し,79年にS.ニューカムに招かれてワシントンの水路部へ移り実験を続けた。翌年さらに研究を続けるために休暇をとって2年間ヨーロッパに留学し,ドイツではH.vonヘルムホルツやG.H.クウィンケに,フランスではM.A.コルニュやG.リップマンに師事した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マイケルソン【Albert Abraham Michelson】

1852~1931) アメリカの物理学者。精密な干渉計を発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイケルソン
まいけるそん
Albert Abraham Michelson
(1852―1931)

アメリカの物理学者。プロイセンに生まれ、幼時、両親とともにアメリカに移住。1873年海軍兵学校を卒業し、数回の航海ののち、母校の物理学の講師となる。1880~1882年ドイツ、フランスに留学、ヘルムホルツらに師事した。その後1882年オハイオ州のケース応用科学大学、1889年マサチューセッツ州のクラーク大学、1893年シカゴ大学の物理学教授を歴任した。1920年代に入ると、カリフォルニア工科大学で研究することが多くなった。研究テーマは一貫して光速の精密測定に関連したものであった。ベルリンに留学中、電磁現象の担い手(したがって光の媒質でもある)として宇宙空間に静止してあまねく存在するものと想定されていたエーテルに対する、地球の相対運動を実験的に検出する方法を考え実行に移した。その原理は、地球上の光源からの光を互いに直交する方向に往復させたあと干渉させ、さらに装置全体を水平面内で回転させて干渉縞(じま)の移動を見る、というものであった。実験結果は相対運動がないことを示した。1887年にモーリーと共同して精度を高めた実験を行ったが、結果はやはり否定的であった。のちにミラーDayton C. Miller(1866―1941)が1925~1926年に行った同種の実験で、太陽系の絶対速度が秒速200キロメートルであることを示す結果を得たと発表、マイケルソンらも追試を行ったが、ミラーの結果は再確認されなかった。
 マイケルソンらの実験は相対性理論と一致するものであるが、マイケルソン‐モーリーの実験結果を説明することを直接的契機としてアインシュタインが特殊相対性理論を生み出したとする理解は、近年の科学史研究により否定されている。
 マイケルソンがこうした実験のため改良した干渉計(マイケルソン干渉計)は、それ自体、実験物理学上の重要な功績であり、彼は光速の値そのものの精密測定においても貴重な貢献をした。また、1892~1893年には、パリのメートル原器の長さがカドミウムの赤色スペクトル線の波長の何倍かを測定し、その波長を長さの標準とすることを提案した。干渉計の考案とそれによる分光学およびメートル原器に関する研究で1907年にノーベル物理学賞を受賞した。アメリカ人として初めてのノーベル賞受賞であった。[杉山滋郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

マイケルソン

(Albert Abraham Michelson アルバート=エイブラハム━) アメリカの物理学者。プロイセン生まれ。精密な干渉計を発明し、地球とエーテルの相対運動の検証を試みた。その否定的結果により、特殊相対性理論への根拠が提供された。一九〇七年ノーベル物理学賞受賞。(一八五二‐一九三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のマイケルソンの言及

【光速度】より

…これら天文学的方法に対して地上の光学実験で光速度を測定した例の中では,1849年のA.フィゾーによる回転歯車を用いた測定(フィゾーの実験,3.13×108m/s)およびその翌年J.フーコーが行った回転鏡を利用した測定(2.98×108m/s)が有名である。その後,78年からA.マイケルソンによって光速度の精密測定が精力的に行われ,1926年にはカリフォルニアのウィルソン山とアントニオ山の間で光を往復させる実験において,2.99796×108m/sという値を得た。また37年ごろからはC.D.アンダーソンがカー・セルを用いて測定している。…

【国際度量衡局】より

…その業務は,設立当初は長さと質量の国際原器を保管し,各国原器の検査を行うことおよびそれに関連する諸研究に限られていたが,1921年の条約改訂以後,電気,測光および電離性放射線の標準器やおもな物理量の目盛を維持し,かつ業務に関係する物理定数に関し測定と調整を行うよう拡張された。歴史的な業績としては,標準供給という本来の業務のほかに,ギヨームC.É.Guillaumeによるインバーの発見,マイケルソンA.A.MichelsonやファブリC.FabryとペローA.Perotによる光波干渉標準器の研究,佐久間晃彦による重力の絶対測定などがあり,測地学実験室内の地点Aは72年以降〈国際統一重力測定網〉の起点に選ばれている。国際度量衡局の業務の遂行はもっぱら国際度量衡委員会Comité International des Poids et Mesuresの指揮監督を受けて行われる。…

※「マイケルソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android