マクラウド(読み)まくらうど(英語表記)Henry Dunning Macleod

  • 1821―1902

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの経済学者。エジンバラに生まれる。1843年ケンブリッジのトリニティ・カレッジを卒業し、しばらくは法律家として身をたてたが、のち経済学の研究に専念した。マクラウドの業績はとくに金融論の分野で高く評価されているが、そのなかでもっとも著名なのは本格的信用創造理論を展開したことである。すなわち、銀行を単に預金を受け入れて貸出を行う機関だとする定義に反対し、信用創造機関として位置づけた。マクラウドの信用創造理論はその後多くの経済学者によって発展されて今日に至っている。マクラウドの著作としては『銀行業の理論と実際』The Theory and Practice of Banking(1856)がもっとも有名であるが、ほかにも『経済学原理』Elements of Political Economy(1858)や『経済学史』The History of Economics(1896)など、その数は多い。[原 司郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android