コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリ

3件 の用語解説(マクリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

マクリ

からだは円柱状。互生叉状に不規則な分岐をする。基部付近を除いた体全面に剛毛状の小枝が密生する。。手触りは軟骨質。生体は濃紅色から濃褐色。押し葉標 本は台紙に付かない。古来よりカイニンソウ(海人草)と呼ばれ,寄生虫のギョウチュウや回虫の虫下しの薬として利用されている

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マクリ

カイニンソウとも。紅藻類フジマツモ科の海藻。紀伊半島以南,アジア南東部に分布し,低潮線下の岩上などにはえる。体は円柱状で,叉状(さじょう)に分かれ,高さ10〜25cm,暗紅色で表面には小枝が細毛のように密生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクリ
まくり
[学]Digenea simplex C. Agardh

紅藻植物、フジマツモ科の多年生海藻。灰紅色で、叉(さ)状分岐を繰り返す。体枝はネコの尾状に全面が細毛に覆われ、ふさふさとした形となる。体高20センチメートル以内、体枝の太さ2~3ミリメートル。体上には小形のサンゴモ類やイギス類などが着生することが多く、乾燥体は一見ごわごわとして、石灰藻のようになる。暖海性の海藻で、3~10メートルほどの深所の海底に叢生(そうせい)する。日本では紀伊半島以南に分布し、沖縄諸島の周縁海に多産する。しかし、その生育状況には差があり、沖縄周縁では長大となり、周年みられるが、分布北限となる潮岬(しおのみさき)や四国南西岸では夏季の短期間だけ出現し、体長も5センチメートルほどの小形で終わる。世界的にも分布が広く、南シナ海、アラフラ海、西インド諸島のほか、フロリダ沿岸、ブラジル北部沿岸などに産する。[新崎盛敏]

薬用

漢方では全藻をカイニンソウ(カイジンソウ。海人草、海仁草などの字をあてる)ともいい、その煎液(せんえき)を回虫駆除薬として用いる。駆虫成分はカイニン酸で、回虫を麻痺(まひ)させる作用がある。なお、マクリの名は、新生児に胎便(かにくそ、かにばば)を出させるためにカイニンソウに大黄(だいおう)、甘草(かんぞう)を加えて飲ませたことによっている。つまり、胎便を「まくり出す」というところからつけられたものである。また、大黄、黄連(おうれん)、甘草、紅花(こうか)からなる処方も「まくり」と称される。江戸時代には、これで胎便を下すと子供は母乳を吸う力を増し、皮膚がじょうぶになり、元気に育つとされ、新生児にはかならず用いられた。なお、これまで、鷓鴣菜(しゃこさい)はマクリの漢名とされていたが、現在ではアヤギヌCaloglossa leprieurii (Mont.) J. Ag.(コノハノリ科の海藻)にあてるのが正しいとされる。この海藻の成分と応用はマクリと同様である。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクリの関連キーワード不規則不規則動詞迷彩ループヤーンオニクサフノリホソメコンブマコンブ荷重痕線構造柱状炭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクリの関連情報