マコモ

百科事典マイペディアの解説

マコモ

東南アジアや日本の湖畔,浅い地の中に野生するイネ科の多年草。草丈1〜3m。秋に穂をつけ,長さ1.5cmの細い種子を無数に産する。茎頂にマコモ黒穂菌が寄生すると,伸長が阻害され,根ぎわでたけのこ(筍)のように太く肥大する。これをマコモタケ(【そん】筍)という。内部は純白で皮をむいて輪切りにし,油いためなど中国料理にする。日本のものには菌を接種してもマコモタケができないものが多い。根と種子は漢方薬として消化不良,止渇,心臓病,利尿の処方に用いられる。
→関連項目蕪栗沼ワイルドライス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マコモ
まこも / 真菰
vegetable wild rice
[学]Zizania latifolia Turcz.

イネ科の多年生水草。ハナガツミともいう。根茎は太く、地中を横にはう。稈(かん)は太く、高さ1~2メートル。葉は長さ40~90センチメートル、葉身と葉鞘(ようしょう)の間で離層ができる。8~10月、稈の先端に、分枝が多く、長さ約50センチメートルになる円錐(えんすい)花序をつける。花序の上方に雌性小穂、下方に雄性小穂をつける。雌性小穂は、広線形で長さ約2センチメートルの長い芒(のぎ)がある。雄性小穂は長さ約1センチメートルで芒はなく、赤紫色を帯びる。包穎(ほうえい)は退化し、雄しべは6本。沼沢地に群生し、北海道から沖縄、および中国、インドシナ、シベリアに分布する。水際の稈がマコモ黒穂病菌に刺激されて肥大し、マコモタケ(菰筍)をつくる。マコモタケは長さ約30センチメートル、径約3センチメートルになり、内部は白く充実し、ところどころに黒い胞子の粒がみられる。北アメリカのマコモの一種アメリカマコモの穎果はワイルドライスwild riceと称し、北米先住民族が食用にする。[許 建 昌]

文化史

マコモの種子は米に先だつ在来の穀粒で、縄文中期の遺跡である千葉県高根木戸貝塚や海老が作り貝塚の、食糧を蓄えたとみられる小竪穴(たてあな)や土器の中から種子が検出されている。江戸時代にも一部では食糧にされていた。『殖産略説』に、美濃国(みののくに)多芸(たぎ)郡有尾村の戸長による菰米飯炊方(こもまいめしのたきかた)、菰米団子製法などの「菰米取調書」の記録がある。
 中国ではマコモの種子を菰米とよび、古くは『周礼(しゅらい)』(春秋時代)のなかに供御五飯の一つとして記載がある。また『斉民要術(せいみんようじゅつ)』(6世紀)には菰飯の作り方の記述がある。マコモの子実は彫胡(ちょうこ)ともよばれ、唐の杜甫(とほ)は「滑憶彫胡香聞錦帯羹」と歌った。台湾には秋来菰米(秋がきたらマコモ飯を食べる、という意味)の風習が近年まであった。
 マコモタケは『斉民要術』に取り上げられており、明(みん)代には野菜として栽培が広がった。また、『万葉集』にはマコモを詠み込んだ歌が22首載り、まこも刈りやその舟を詠んだ歌もある。葉の利用も古くは重要で葉は、莚(むしろ)、薦(こも)や畳に編まれ、菰枕(こもまくら)、雪国の菰靴(こもぐつ)、ちまきに使われた。
 江戸時代、所によっては真菰高(まこもだか)と称する税の対象にされた。
 マコモタケの黒い胞子はまこも墨とよばれ、鎌倉彫の古色づけとして明治初年以来利用されている。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マコモの関連情報