マスカーニ

百科事典マイペディア「マスカーニ」の解説

マスカーニ

イタリアの作曲家。パン屋の子に生まれ,生地リボルノで音楽を学んだのちミラノ音楽院でポンキエリ師事。同じく苦学生だった学友のプッチーニと1室を借りて暮らす。音楽院中退後はオペレッタ一座の指揮者などを務め,経験を積んだ。1888年,ベルガの小説にもとづくオペラカバレリア・ルスティカーナ》により,出版社主催のコンクールで第1位を獲得。1890年にローマで初演されて大成功をおさめたこの作品は,レオンカバロの《パリアッチ(道化師)》とともにベリズモ・オペラ(ベリズモ)の代表作となった。以後,オペラ《友人フリッツ》などを発表。後年はミラノのスカラ座などで指揮者としても活躍した。→ガリ・クルチジョルダーノ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「マスカーニ」の解説

マスカーニ
ますかーに
Pietro Mascagni
(1863―1945)

イタリアのオペラ作曲家。リボルノに生まれる。1882年からミラノ音楽院にプッチーニとともに学び、ポンキエッリに師事したが、2年後に中退して旅回りの歌劇団の指揮者などを務める。1889年、一幕オペラのコンクールに応募、入賞した『カバレリア・ルスティカーナ』は翌90年のローマ初演以来名声を得た。マスカーニはこのシチリアを舞台にした悲劇一作をもって、身近な題材を迫真的に描いたイタリアのベリズモ・オペラの代表格とされている。そのほか『友人フリッツ』(1891)や、日本を舞台にした『イリス』(1898)などが知られている。ローマに

[船山信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マスカーニ」の解説

マスカーニ
Mascagni, Pietro

[生]1863.12.7. リボルノ
[没]1945.8.2. ローマ
イタリアのオペラ作曲家。ミラノの音楽院で A.ポンキエッリに師事。中退して巡回オペラ団に加わったが,1889年音楽出版社の懸賞オペラに『カバレリア・ルスティカーナ』 (1890,ローマ初演) で入賞。 1929年にトスカニーニの跡を継ぎミラノのスカラ座監督となった。庶民生活を現実的に描くベリズモ・オペラの確立者。その他の主作品は『わが友フリッツ』 (91) ,日本に取材した『イリス』 (98) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「マスカーニ」の解説

マスカーニ

(Pietro Mascagni ピエトロ━) イタリアのオペラ作曲家。巡回オペラの指揮者からオペラ作曲家として成功。「カバレリア・ルスチカーナ」はその代表作。(一八六三‐一九四五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「マスカーニ」の解説

マスカーニ【Pietro Mascagni】

1863‐1945
イタリアの作曲家。1882年ミラノ音楽院に入学,ポンキエリに師事。84年退学して旅回りのオペレッタ一座の指揮者となる。88年シチリアの民衆生活に題材をとった一幕オペラ《カバレリア・ルスティカーナCavalleria rusticana》によって,ソンゾーニョ出版社主催のコンクール第1位を受賞。このオペラは大成功を博した90年の初演以来レオンカバロの《パリアッチ》とともに,ベリズモ・オペラの代表作とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android