コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスカーニ マスカーニMascagni, Pietro

6件 の用語解説(マスカーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスカーニ
マスカーニ
Mascagni, Pietro

[生]1863.12.7. リボルノ
[没]1945.8.2. ローマ
イタリアオペラ作曲家。ミラノの音楽院で A.ポンキエッリに師事。中退して巡回オペラ団に加わったが,1889年音楽出版社の懸賞オペラに『カバレリア・ルスティカーナ』 (1890,ローマ初演) で入賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マスカーニ(Pietro Mascagni)

[1863~1945]イタリアの作曲家。写実主義オペラを確立。作品にオペラ「カバレリアルスティカーナ」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マスカーニ

イタリアの作曲家。パン屋の子に生まれ,生地リボルノで音楽を学んだのちミラノ音楽院でポンキエリに師事。同じく苦学生だった学友のプッチーニと1室を借りて暮らす。音楽院中退後はオペレッタ一座の指揮者などを務め,経験を積んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マスカーニ【Pietro Mascagni】

1863‐1945
イタリアの作曲家。1882年ミラノ音楽院に入学,ポンキエリに師事。84年退学して旅回りのオペレッタ一座の指揮者となる。88年シチリアの民衆生活に題材をとった一幕オペラ《カバレリア・ルスティカーナCavalleria rusticana》によって,ソンゾーニョ出版社主催のコンクール第1位を受賞。このオペラは大成功を博した90年の初演以来レオンカバロの《パリアッチ》とともに,ベリズモ・オペラの代表作とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マスカーニ【Pietro Mascagni】

1863~1945) イタリアの作曲家。一〇曲余の写実主義的なオペラを書き、指揮者としても活躍。作品「カバレリア-ルスティカーナ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスカーニ
ますかーに
Pietro Mascagni
(1863―1945)

イタリアのオペラ作曲家。リボルノに生まれる。1882年からミラノ音楽院にプッチーニとともに学び、ポンキエッリに師事したが、2年後に中退して旅回りの歌劇団の指揮者などを務める。1889年、一幕オペラのコンクールに応募、入賞した『カバレリア・ルスティカーナ』は翌90年のローマ初演以来名声を得た。マスカーニはこのシチリアを舞台にした悲劇一作をもって、身近な題材を迫真的に描いたイタリアのベリズモ・オペラの代表格とされている。そのほか『友人フリッツ』(1891)や、日本を舞台にした『イリス』(1898)などが知られている。ローマに没。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マスカーニの関連キーワード中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市芹沢鴨坪井九右衛門塙忠宝ブルース

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マスカーニの関連情報