コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスターキー マスターキーmaster key

翻訳|master key

4件 の用語解説(マスターキーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マスター‐キー(master key)

異なったいくつもの錠を開けることができる合い鍵。親鍵。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マスターキー【master key】

管理する建物の、どの錠も開けられる合い鍵。親鍵。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

マスターキー【master key】

異なった複数の錠をあけることのできる合い鍵。ホテル・集合住宅・オフィスビルなどで、多数の錠の管理に利用される。◇「親鍵」ともいう。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のマスターキーの言及

【鍵】より

…また錠の取りつけ方法には,扉の框(かまち)の厚みの中に彫り込んで取りつける彫込錠,内側から扉面に取りつけた露出型の面付(つらつけ)錠,錠本体は持ちはこびができ,半円形に曲がった棒を掛け金にとおして施錠する南京錠などの形式がある。
[マスターキー]
 一つの基本の錠からは多数の異なった鍵と錠の組合せを作ることができるが,とくにシリンダー錠の場合,鍵の変化は無数にあるといっても過言ではなく,一つの建物で鍵の種類が数十から数百になることも珍しいことではない。このように鍵の種類が多いことは防犯などの面からは好ましいが,反面,共同利用の建物などでは鍵の管理が複雑となり,また非常時にはかえって安全性を損なうことにもなりかねない。…

※「マスターキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マスターキーの関連情報