コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタ・ハリ マタ・ハリMata Hari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタ・ハリ
Mata Hari

[生]1876.8.7. レーウワルデン
[没]1917.10.15. バンサンヌ
女スパイの代名詞にまでなったオランダの踊り子。本名 Margarete Gertrud Zelle。 1895年オランダ人将校と結婚。のち離婚して 1905年よりパリで踊り子となり,マタ・ハリと称した。 17年2月パリでドイツへのスパイ容疑で逮捕され,同年7月軍事法廷で死刑の宣告を受け,同年 10月銃殺。フランス政府は事件の公式記録の公表を拒んでおり,彼女のスパイ行為の内容については不明である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マタ・ハリ

女スパイとして知られる踊子。マタ・ハリはマレー語で〈太陽〉の意。オランダ系で本名はマルガレータ・ツェレ。1905年ジャワ人の混血児と称してパリに現れ,美貌の踊子,娼婦として上流社会にも出入した。
→関連項目粛親王

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

367日誕生日大事典の解説

マタ・ハリ

生年月日:1876年8月7日
マレー系オランダ人のスパイ
1917年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

マタ・ハリの関連キーワード愛新覚羅顕琦川島 芳子マタ・ハリ生年月日

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android