コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラガ マダラガZygaenidae; burnet moth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダラガ
Zygaenidae; burnet moth

鱗翅目マダラ科に属する昆虫の総称。昼飛性のガの類で,ミノウスバホタルガ,マダラガの3亜科に分れる。後2者には美しい種が多く,特に熱帯で著しい。幼虫は一般に太く短く,軟毛をもち,地上に細長い繭をつくって蛹となる。日本には約 20種を産する。ミノウスバ類は日本にはミノウスバ 1種のみ。ホタルガ類ではホタルガ,オキナワルリチラシ Eterusia aedea sugitanii,サツマニシキ Erasmia pulchella sangaicaなどの美麗種がある。マダラガ類にも暗色の翅に紅色紋をもつベニモンマダラ Zygaena niphonaのような目立つ種が含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダラガ
まだらが / 斑蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラガ科Zygaenidaeのガの総称。はねの開張15ミリメートルの小形種から80ミリメートルに達する大形種まであり、はねの形、色彩などさまざまなタイプのガを含む科で、成虫は昼飛性で、美しい色彩の種が多い。幼虫、成虫とも、捕食性の鳥やコウモリの嫌うにおいや分泌物を出す。体翅の美しいはでな色彩は、捕食動物に対し、自分たちの「まずさ」を広告しているものと考えられている。熱帯、ことに東南アジアに属種が多く、しばしばアゲハチョウ、シロチョウ、マダラチョウなどと驚くほど似たはねの形や色彩斑紋(はんもん)をもち、同一地域でチョウと同じように昼間活動する。このように擬態関係にあるものと推定される種についての、生態学的な研究はまだ十分に行われていない。
 日本には28種が知られ、大部分は小形種であるが、南西部には大形の美麗種も分布している。奄美(あまみ)大島以南に産するクロツバメの幼虫は、アカギの葉を食べ、色や形がジャコウアゲハとよく似ているし、成虫はクロアゲハやジャコウアゲハを連想させる。リンゴハマキクロバの幼虫はリンゴやナシの、ブドウスカシクロバはブドウの害虫としてよく知られている。タケノホソクロバの幼虫はタケやササの葉を食べ、毒刺毛をもつため皮膚に刺さると激しい痛みを感じ、湿疹(しっしん)ができるので衛生害虫の一つに数えられている。マサキの生け垣に加害するミノウスバの幼虫は、しばしば多発して垣根を丸坊主にしてしまう。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マダラガの関連キーワードサツマニシキ(薩摩錦)リンゴハマキクロバホタルガ(蛍蛾)ウメスカシクロバマダラガ(斑蛾)林檎葉巻黒翅蛾林檎葉捲黒翅蛾瑠璃肌細黒翅サツマニシキ葡萄透黒翅蛾チョウ(蝶)八星細斑蛾竹細黒翅蛾梅透黒翅蛾黄条細斑蛾淡黒斑蛾蓑薄翅蛾白下蛍蛾薄翅燕蛾紅紋斑蛾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android