コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラガ マダラガ Zygaenidae; burnet moth

2件 の用語解説(マダラガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダラガ
マダラガ
Zygaenidae; burnet moth

鱗翅目マダラガ科に属する昆虫の総称。昼飛性のガの類で,ミノウスバ,ホタルガ,マダラガの3亜科に分れる。後2者には美しい種が多く,特に熱帯で著しい。幼虫は一般に太く短く,軟毛をもち,地上に細長い繭をつくって蛹となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダラガ
まだらが / 斑蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラガ科Zygaenidaeのガの総称。はねの開張15ミリメートルの小形種から80ミリメートルに達する大形種まであり、はねの形、色彩などさまざまなタイプのガを含む科で、成虫は昼飛性で、美しい色彩の種が多い。幼虫、成虫とも、捕食性の鳥やコウモリの嫌うにおいや分泌物を出す。体翅の美しいはでな色彩は、捕食動物に対し、自分たちの「まずさ」を広告しているものと考えられている。熱帯、ことに東南アジアに属種が多く、しばしばアゲハチョウ、シロチョウ、マダラチョウなどと驚くほど似たはねの形や色彩斑紋(はんもん)をもち、同一地域でチョウと同じように昼間活動する。このように擬態関係にあるものと推定される種についての、生態学的な研究はまだ十分に行われていない。
 日本には28種が知られ、大部分は小形種であるが、南西部には大形の美麗種も分布している。奄美(あまみ)大島以南に産するクロツバメの幼虫は、アカギの葉を食べ、色や形がジャコウアゲハとよく似ているし、成虫はクロアゲハやジャコウアゲハを連想させる。リンゴハマキクロバの幼虫はリンゴやナシの、ブドウスカシクロバはブドウの害虫としてよく知られている。タケノホソクロバの幼虫はタケやササの葉を食べ、毒刺毛をもつため皮膚に刺さると激しい痛みを感じ、湿疹(しっしん)ができるので衛生害虫の一つに数えられている。マサキの生け垣に加害するミノウスバの幼虫は、しばしば多発して垣根を丸坊主にしてしまう。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダラガの関連キーワードコバチ虎蛾斑蝶キマダラヒカゲイラガ(刺蛾)コマユバチ(小繭蜂)シャクガ(尺蛾)スカシマダラ(透斑)ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)マダラガ(斑蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone