マダラガ(読み)まだらが

日本大百科全書(ニッポニカ)「マダラガ」の解説

マダラガ
まだらが / 斑蛾

昆虫綱鱗(りんし)目マダラ科Zygaenidaeのガの総称。はねの開張15ミリメートルの小形種から80ミリメートルに達する大形種まであり、はねの形、色彩などさまざまなタイプのガを含む科で、成虫は昼飛性で、美しい色彩の種が多い。幼虫、成虫とも、捕食性の鳥やコウモリの嫌うにおいや分泌物を出す。体翅の美しいはでな色彩は、捕食動物に対し、自分たちの「まずさ」を広告しているものと考えられている。熱帯、ことに東南アジアに属種が多く、しばしばアゲハチョウ、シロチョウ、マダラチョウなどと驚くほど似たはねの形や色彩斑紋(はんもん)をもち、同一地域でチョウと同じように昼間活動する。このように擬態関係にあるものと推定される種についての、生態学的な研究はまだ十分に行われていない。

 日本には28種が知られ、大部分は小形種であるが、南西部には大形の美麗種も分布している。奄美(あまみ)大島以南に産するクロツバメの幼虫は、アカギの葉を食べ、色や形がジャコウアゲハとよく似ているし、成虫はクロアゲハやジャコウアゲハを連想させる。リンゴハマキクロバの幼虫はリンゴやナシの、ブドウスカシクロバはブドウの害虫としてよく知られている。タケノホソクロバの幼虫はタケやササの葉を食べ、毒刺毛をもつため皮膚に刺さると激しい痛みを感じ、湿疹(しっしん)ができるので衛生害虫の一つに数えられている。マサキの生け垣に加害するミノウスバの幼虫は、しばしば多発して垣根を丸坊主にしてしまう。

[井上 寛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マダラガ」の解説

マダラガ
Zygaenidae; burnet moth

鱗翅目マダラガ科に属する昆虫の総称。昼飛性のガの類で,ミノウスバ,ホタルガ,マダラガの3亜科に分れる。後2者には美しい種が多く,特に熱帯で著しい。幼虫は一般に太く短く,軟毛をもち,地上に細長い繭をつくってとなる。日本には約 20種を産する。ミノウスバ類は日本にはミノウスバ 1種のみ。ホタルガ類ではホタルガ,オキナワルリチラシ Eterusia aedea sugitaniiサツマニシキ Erasmia pulchella sangaicaなどの美麗種がある。マダラガ類にも暗色の翅に紅色紋をもつベニモンマダラ Zygaena niphonaのような目立つ種が含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android