コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッカダム

百科事典マイペディアの解説

マッカダム

英国の技術者。少年時代に渡米して財を成し,1783年帰英。以後,私財を投じて道路の改良に努力。マッカダム道を考案し,ブリストル・ターンパイク・トラストの道路総監督となってこれを実施(1815年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マッカダム【John Loudon McAdam】

1756‐1836
マカダム工法Macadamizingと呼ばれている道路舗装法を創案したイギリスの道路技術者。スコットランドのエールに地主の子として生まれ,1770年にアメリカに渡り,富を得て83年に帰国した。若いときから道路に関心をもち,帰国後道路建設工法の改革を志した。彼は種々の実験を行い,車両の重量を支えるのは自然土であり,土が乾燥している間は沈下しないという結論を得,これに基づき,従来用いられていた費用の高い石材基礎を廃し,土壌に排水設備を施すかあるいは水位より上に道路を作り,表面に不浸水性砕石をかぶせる方式を考案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマッカダムの言及

【ターンパイク】より

… 道路建設の新技術も,この制度のもとで大変化を遂げる。初期の技術者としては,盲目ながら泥炭層を固める技術をあみ出したメトカーフJohn Metcalf(1717‐1810)が知られているが,より決定的な技術革新は,J.L.マッカダムによってなされた。いまだに〈マッカダム〉の名でよばれている彼の技術は,小石を何層にも敷きつめて排水をよくするとともに,荷馬車の通行にも耐えられるようにした道路舗装の方法である。…

※「マッカダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッカダムの関連キーワード堀内紀子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android