コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックス・プランク協会 マックスプランクきょうかい Max‐Planck‐Gesellschaft zur Förderung der Wissenschaften

1件 の用語解説(マックス・プランク協会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マックスプランクきょうかい【マックス・プランク協会 Max‐Planck‐Gesellschaft zur Förderung der Wissenschaften】

英語表記はMax Planck Society for the Advancement of Scienceドイツにおける科学研究を推進・振興するための機関。ミュンヘンに本拠をおき,自然諸科学から人文・社会諸科学に至る,全学問分野について,ドイツ各地に59にもおよぶ研究所と1万人以上のスタッフ(うち研究者は約4000人)を擁している(1983現在)。協会は独自の基金を有し,特許収入のほか寄付金も寄せられるが,予算の大半は連邦政府および諸州政府によってまかなわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マックス・プランク協会の関連キーワードディスク仮名Planckアストロロジー醜屋ダルク列氏KEKTSCJ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マックス・プランク協会の関連情報