コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッコウクジラ マッコウクジラ Physeter catodon; sperm whale

4件 の用語解説(マッコウクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッコウクジラ
マッコウクジラ
Physeter catodon; sperm whale

クジラ目ハクジラ亜目マッコウクジラ科マッコウクジラ属。体長は雄約 18m以上,雌約 12m以上。最大体重約 57t。出生体長は 3.5~4.5m。体色は全身茶褐色か茶色がかった灰色または青灰色で,吻部や臍 (へそ) を中心に白斑を有する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マッコウクジラ

クジラ目マッコウクジラ科のハクジラ。雄は体長15〜18m,雌は11〜12.5m。頭部が巨大な丸太のように大きく,体長の約3分の1を占める。体色は普通,灰色。世界中の温暖な海域に分布する。
→関連項目クジラ(鯨)鯨蝋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

マッコウクジラ

 歯クジラの一種で大型のクジラ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッコウクジラ
まっこうくじら / 抹香鯨
sperm whale
[学]Physeter macrocephalus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マッコウクジラ科のハクジラ。ハクジラ類のなかの最大種で、雄には20メートルの体長記録がある。潜水艦のような外形で、成長すると雄の頭部は体長の3分の1に達する。下顎(かがく)は細長く、片側二十数本の犬歯状の歯が並ぶ。上顎歯は退化し、多くは歯肉に埋没している。背びれは山形をなし、その後ろに数個の隆起が連なる。全身黒色で、へその部分に白斑(はくはん)のある個体がみられる。この体色が抹香の灰色に近いのが名の由来。成熟した雄の頭部から背部にかけて闘争の際に負った歯形の白条が多数みられる。全世界の海洋に広く分布するが、浅海には入らない。まれには集団で座礁することがある。成熟した雄は高緯度にまで分布するが、雌と子は暖水塊にとどまる。イカ類と底生魚類を餌料(じりょう)とする。大形の雄は3000メートルの深海に90分間も潜水することができる。一夫多妻の生殖生態を有し、性的二型が著しい。雌と子は20~30頭の群れをつくって生活し、繁殖期に闘争に勝った雄がその群れに加わり、ハレムを形成する。妊娠期間は15か月で、2年間哺乳し、その後も子は群れが育てる。アメリカ式捕鯨時代から捕鯨業の対象となったが、1986年以来、国際捕鯨委員会(IWC)によって捕獲を禁止されている。資源量は現在でも豊富で、絶滅のおそれはない。なお、アンバーグリス(竜涎香(りゅうぜんこう))は、本種の直腸からまれに発見される生成物である。[大隅清治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッコウクジラの関連キーワードナガスクジラハクジラ類赤坊鯨克鯨槌鯨歯鯨鬚鯨抹香鯨コマッコウ(小抹香)マッコウクジラ(抹香鯨)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マッコウクジラの関連情報