マッコウクジラ(英語表記)sperm whale
Physeter catodon

改訂新版 世界大百科事典 「マッコウクジラ」の意味・わかりやすい解説

マッコウクジラ (抹香鯨)
sperm whale
Physeter catodon

ハクジラ亜目マッコウクジラ科の哺乳類。熱帯~寒帯の外洋に生息するハクジラ(歯鯨)類の最大種。成長停止時の平均体長は雌で11m,雄で16mであるが,まれにそれぞれ13~18mを超える個体もある。全身黒褐色で,腹部に不規則な渦巻紋がある。高齢個体では,頭部からしだいに色が淡くなる。頭部は丸太状で,体長の1/4~1/3を占める。鼻孔は1個でS字状をなし,頭部前端の左側に位置する。鼻道はこの直下で左右に分かれる。右鼻道は脳油タンクとその下側のジャンクの間を通って後方に向かい,咽頭に達する。また,左の鼻道は脳油タンクの左外側に沿って咽頭に達する。脳油器官は千筋(せんすじ)と呼ぶ腱に包まれた脳油タンク(ケース)と呼ばれる脂肪組織とその下にあってジャンクと呼ばれるスイカのような脂肪組織よりなり,頭骨背面の巨大な凹みにおさまっている。細長い下あごは上あごの前端に達しない。機能歯は下あごに20対前後あり,上あごには痕跡歯が埋もれている。第2-6頸椎が融合している。背びれは丸い山型で,その後にも数個の波型の隆起が並ぶ。背びれから頸部(けいぶ)に至る背面には,さざ波状の凹凸がある。体重は雄では45tに達する。

 繁殖はほぼ一年中行うが,受胎は春~初夏に,出産は秋(北半球では8~9月)に多い。妊娠期間は15~16ヵ月。出生時の子の体長は約4m。1年以内に索餌を始め,2年で離乳するが,まれには10年近く哺乳することがある。平均4年に1回1産1子である。雌では8~11歳,体長8~9mで成熟する。雄ではそのころ春機発動期が始まり,以後発育を続け,25歳,体長13~14m内外で繁殖に参加できる。最高寿命は雌雄とも約70年であるが,雌は40~50年で繁殖を停止する。繁殖は母系集団よりなる10~30頭の群れを中心に熱帯~温帯で行われ,交尾期になると一部の成熟雄は低緯度海域に入り,交尾相手を求めて雌の群をわたり歩く。生まれた雄は春機発動期になると親の群れを離れ,単独ないし雄だけの群れをつくってしだいに高緯度海域に回遊していく。雌は性成熟後も母親と生活を共にする。

 餌料は生活場所によっても変わるが,キンメダイメヌケアンコウなどの底生大型魚と,ダイオウイカ類をはじめとする各種イカ類である。500m以深に生息する魚類が胃から出ている。また,水深2800mに潜水することもソナーで確かめられている。本種は暗黒の深海に1時間以上潜水し,音波を用いたり,相手の発する光を頼りに餌を追いかけたり,あるいはかすかに光る歯や口唇にひかれてイカなどが寄ってくるのを待って捕食するといわれる。本種の雄の多くは高緯度海域にすみ分けているうえに,低緯度の繁殖群の中でも大型個体は深層で索餌することによって,雄は雌や若い個体との競合をさけているといわれる。

 母船式捕鯨業は,かつては本種を大量に捕獲した。初め高緯度海域の大型雄を漁獲した後,1960年代から低緯度の繁殖群の捕獲に移り79年ころまで続き,その後も,沿岸の基地式捕鯨が続いた。第2次世界大戦後,北太平洋だけで25万頭が捕獲されたとされるが,この統計には大幅な記録もれがある。現在の資源は全世界で数十万頭,西部北太平洋に5~10万頭といわれる。乱獲によってかつて好漁場であったベーリング海~三陸近海にはほとんど本種を見なくなったが,1988年4月以降保護された結果,最近発見が増加傾向にある。脂皮は採油原料と食用に,肉は食用に,歯は工芸用に,千筋はテニスのラケット用として利用された。竜涎香(りゆうぜんこう)は本種の大腸からまれに出る病的生成物で香料原料となる。
クジラ
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「マッコウクジラ」の意味・わかりやすい解説

マッコウクジラ
まっこうくじら / 抹香鯨
sperm whale
[学] Physeter macrocephalus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マッコウクジラ科のハクジラ。ハクジラ類のなかの最大種で、雄には20メートルの体長記録がある。潜水艦のような外形で、成長すると雄の頭部は体長の3分の1に達する。下顎(かがく)は細長く、片側二十数本の犬歯状の歯が並ぶ。上顎歯は退化し、多くは歯肉に埋没している。背びれは山形をなし、その後ろに数個の隆起が連なる。全身黒色で、へその部分に白斑(はくはん)のある個体がみられる。この体色が抹香の灰色に近いのが名の由来。成熟した雄の頭部から背部にかけて闘争の際に負った歯形の白条が多数みられる。全世界の海洋に広く分布するが、浅海には入らない。まれには集団で座礁することがある。成熟した雄は高緯度にまで分布するが、雌と子は暖水塊にとどまる。イカ類と底生魚類を餌料(じりょう)とする。大形の雄は3000メートルの深海に90分間も潜水することができる。一夫多妻の生殖生態を有し、性的二型が著しい。雌と子は20~30頭の群れをつくって生活し、繁殖期に闘争に勝った雄がその群れに加わり、ハレムを形成する。妊娠期間は15か月で、2年間哺乳し、その後も子は群れが育てる。アメリカ式捕鯨時代から捕鯨業の対象となったが、1986年以来、国際捕鯨委員会(IWC)によって捕獲を禁止されている。資源量は現在でも豊富で、絶滅のおそれはない。なお、アンバーグリス(竜涎香(りゅうぜんこう))は、本種の直腸からまれに発見される生成物である。

[大隅清治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マッコウクジラ」の意味・わかりやすい解説

マッコウクジラ
Physeter catodon; sperm whale

クジラ目ハクジラ亜目マッコウクジラ科マッコウクジラ属。体長は雄約 18m以上,雌約 12m以上。最大体重約 57t。出生体長は 3.5~4.5m。体色は全身茶褐色か茶色がかった灰色または青灰色で,吻部や臍 (へそ) を中心に白斑を有する。体表は年齢とともに白色化する。扁平な上顎骨の上に脳油と称する体油の貯蔵部があるため,前頭部が巨大で,ときには頭長が体長の3分の1に達する。噴気孔は1個で頭部左側の先端にあり,噴気の高さは3~4mで,水面に対して斜めに上がるため識別は容易である。下顎は上顎に比べてきわめて細長く,18~25対の円錐歯が並び,上顎にはこれらの歯が収まるくぼみがある。上顎歯は歯根内に痕跡的に残る。背鰭 (せびれ) は体の後方3分の2に位置し,頂上は丸みを帯びる。背鰭後方から尾鰭前方にかけて小隆起が連なる。また肛門直後が隆起する。胸鰭はうちわ状で短く,尾鰭は幅が広く後縁中央が切れ込む。潜水時間はクジラ類中最長で,通常は 30~40分であるが大型雄は1時間をこえることもある。尾鰭を水面に上げて垂直に潜水し,この際にしばしば脱糞する。大型雄は単独で行動し,中型の個体は 15頭前後の群れをよくつくる。おもに深海性のイカ類やタコ類を捕食するが,タラ等の大型底生魚類も捕食する。腸内には竜涎香と呼ばれるろう状物質があり,香料として珍重される。両半球の熱帯から氷縁にかけて分布し,深海域を好む。成熟した大型雄は高緯度の極地方に偏在する。 1988年商業捕鯨禁止まで日本沿岸で捕獲された。インドネシアでは先住民により捕獲されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「マッコウクジラ」の意味・わかりやすい解説

マッコウクジラ

クジラ目マッコウクジラ科のハクジラ。雄は体長15〜18m,雌は11〜12.5m。頭部が巨大な丸太のように大きく,体長の約3分の1を占める。体色は普通,灰色。世界中の温暖な海域に分布する。成熟雌とその子供からなる繁殖育子群(15〜20頭前後)の群れが最も安定している。潜水能力にすぐれ,深海性のイカ類を主食。1腹1子。頭部に脳油と呼ばれる特殊な油があり,良質の機械油として利用されていた。腸内にときどき見られる竜涎香(りゅうぜんこう)は香料として名高い。1988年3月をもって商業捕鯨は停止した。
→関連項目クジラ(鯨)鯨蝋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典 「マッコウクジラ」の解説

マッコウクジラ

 歯クジラの一種で大型のクジラ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android