コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニャスコ Magnasco, Alessandro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニャスコ
Magnasco, Alessandro

[生]1667.2.4. ジェノバ
[没]1749.3.12. ジェノバ
イタリアの後期バロックの画家。通称 Il Lissandrino。父ステファーノに学び,のちにミラノに出て F.アビアティのもとで修業。初め肖像画家として出発したが,のちには廃虚,修道院などのロマンチックな風景,あるいは細長く引き伸ばされた人物像,特に修道士,尼僧,ロマ,審問官などを暗い色彩と激しいタッチで描いた。一時フィレンツェの宮廷に仕えたが,1711~35年にはミラノで活躍。その後はジェノバに戻った。また C.スペラ,C.タベラ,M.リッチらに協力し,風景画の中に人物を描いた。主要作品『キリストの洗礼』『ユダヤ教会堂』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マニャスコ【Alessandro Magnasco】

1667‐1749
生地ジェノバを中心に活躍したイタリアの画家。別称イル・リッサンドリーノil Lissandrino。後世の印象主義,さらには表現主義を予告するような,反古典主義的できわめて特異な作風を示す。幼時に画家の父から教えをうける。1682年ミラノに赴き,アッビアティFilippo Abbiatiにベネチア派風の手法を学び,J.ティントレットの明暗法を身につける。その後フィレンツェ等に旅をするが,晩年の1735年以後はジェノバで制作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニャスコ
まにゃすこ
Alessandro Magnasco
(1667―1749)

イタリア後期バロックの画家。ジェノバ生まれ。画家であった父ステファノの工房で修業したのち、ミラノに行きベネチアの画家フィリッポ・アッビアーティに師事。当初は肖像画を手がけていたが、サルバトール・ローザSalvator Rosa(1615―73)からの影響もあり、しだいに量塊性のない小さな人物が画面に現れるようになる。一時フィレンツェに出てトスカナ大公の宮廷画家となる。1711~35年ミラノに居住し、その後はジェノバに戻って、死ぬまでそこで活動した。彼の得意とした主題は、修道僧、隠者、ロマ(かつてはジプシーとよばれた)といった社会から疎外された人間、仕事に精を出す職人、そして嵐(あらし)に激しく揺さぶられる森などである。自由奔放な筆致と色斑(しきはん)を駆使した動勢の強い画面は、印象派の先駆的要素を含んでいて、その作風の独創性には伝統的な形式の打破がみられる。[小針由紀隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マニャスコの関連キーワード海景画

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android