コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌエル Manuel, Niklaus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌエル
Manuel, Niklaus

[生]1484頃.ベルン
[没]1530頃.ベルン
スイスの画家,詩人,政治家。 Nikolaus Deutschと呼ばれることもある。 H.フリース,ブルクマイヤーのもとで修業し,1516,22年に傭兵として北イタリアでの戦闘に参加した。 22~26年反教権的著作や『教皇とその司祭たち』 Vom Papst und seiner Priesterschaft (1523) などの劇作を発表,28年以降ベルン市会で宗教改革の闘士として活躍した。作品はベルン修道院付属聖堂の『死の踊り』 (18,バーゼル美術館) ,『パリスの審判』 (23~25,同) 。主著『免罪符商人』 Der Ablasskrämer (26) 。

マヌエル

フアン・マヌエル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マヌエル【Niklaus Manuel】

1484‐1530
スイスの画家。父方の姓アレマンAllemanのドイツ語訳ドイッチュDeutschを名前の末に付して署名した。生地ベルンを中心に活躍。宗教改革の動乱の時代に生き,画家としてだけでなく政治的活動にも関与し,また風刺詩や教皇批判の劇も書いた。同時代グラーフと共にルネサンス期のスイス絵画を代表する。その作品の主題は神話的なものと宗教的なものとに大別される。《パリスの審判》は前者の代表的な作品であるが,腹のせり出した3人の女神のプロポーションは古典的というよりはゴシック風で,この点ではクラーナハ裸婦とのつながりを思わせる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマヌエルの言及

【学校劇】より

…娯楽の少ない時代だけに学校劇は内容はわからなくとも大いに流行し,教師も父兄も熱中した。やがて,T.ムルナーやマヌエルN.Manuel(1484‐1530)などの手によってラテン語の創作劇が生まれる。宗教改革の嵐の吹き荒れたドイツでは,カトリックとプロテスタントの両陣営はそれぞれの立場のラテン語劇で対抗し論争した。…

【学校劇】より

…娯楽の少ない時代だけに学校劇は内容はわからなくとも大いに流行し,教師も父兄も熱中した。やがて,T.ムルナーやマヌエルN.Manuel(1484‐1530)などの手によってラテン語の創作劇が生まれる。宗教改革の嵐の吹き荒れたドイツでは,カトリックとプロテスタントの両陣営はそれぞれの立場のラテン語劇で対抗し論争した。…

※「マヌエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マヌエルの関連キーワードモンポウ:子供の情景/piano soloリスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔マヌエル(1世)(ポルトガル王)ケソンメモリアルサークルミリオケファロンの戦いサンノゼ・バレエ団カーサドスコントスジェロニモス修道院サンジュリアン教会サンタクルス修道院J. コルターサルコインブラス礼拝堂イン・ザ・ハイツスペインの庭の夜シントラの王宮ジェズスの教会ケソンシティーレイリア大聖堂ブサコ国立公園蜘蛛女のキス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヌエルの関連情報