コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフディーの反乱 マフディーのはんらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフディーの反乱
マフディーのはんらん

19世紀末にスーダンで起ったイギリス統治に対する反乱。マフディーとはアラビア語で「導かれた者」の意で「救世主」を意味する。幾多の戦乱と,イギリスを後見とするエジプト支配に悩まされていた民衆の間に「救世主」崇拝が高まるなか,1881年にムハンマド・アフマドマフディーと称し,この反乱を通じて,終末論的なジハード (聖戦) を目指すイスラム教団を形成。スーダン人民族意識を高揚させることになった。スーダン総督の命を受け鎮圧にのぞんだエジプト軍は各地で敗れ,マフディーの名声は高まった。 85年にマフディー軍はハルツームで C.ゴードン前総督を殺し,エジプト領スーダン全域を手中にし,オムドルマーンに都を築いた。ムハンマド・アフマドが死ぬと,アブド・アッラーフ・ブン・ムハンマドが継承したが,98年にイギリス軍に鎮圧された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マフディー‐の‐はんらん【マフディーの反乱】

《〈アラビア〉Mahdīは救世主の意》1881年、みずからをマフディーと称するムハンマド=アフマドが、スーダンイスラム教徒を率いて、外国支配からの解放・独立をめざして起こした反乱。1898年、イギリス・エジプト連合軍により鎮圧された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone