コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マミズクラゲ マミズクラゲ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マミズクラゲ

淡水クラゲ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マミズクラゲ
まみずくらげ / 真水水母
[学]Craspedacusta sowerbyi

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロ虫目マミズクラゲ科に属する淡水産クラゲ。クラゲの類はそのほとんどが海産であるが、ごく少数が池沼など淡水域に生息しており、その代表的なものが本種である。本種以外の淡水産クラゲ数種も本種と一括してマミズクラゲと総称することもある。傘は半球状よりやや扁平(へんぺい)で無色、直径1、2センチメートル、傘縁(さんえん)には普通100~200本の触手がみられるが、大形のよく発達した個体では400本ほどにも達することがある。また、傘縁の触手間基部には平衡胞がみられ、これらは触手の約半分くらいの数である。傘内中央には比較的大形の口柄(こうへい)があり、その先端にわずかにひだをもった4個の口唇(こうしん)がみられ、その中央に口が開く。1個の環状管と4本の放射管がみられ、放射管の中ほどには生殖腺が発達する。
 このクラゲは雌雄異体で、普通、小形のポリプの世代があり、そのポリプから無性的な芽出によりクラゲはつくられる。ポリプは池沼内の水草の上とか枯れ葉や枯れ枝の上などに付着して発見される。個々のポリプはきわめて小さく、高さ1ミリメートル以下、円筒形で、その先端に口が開く。口の周囲には刺胞がみられるが触手はまったくもっていない。このポリプは数個体で群体をつくっていることがある。ポリプからは無性的にクラゲ芽が生じ、それが遊離して幼クラゲとなるが、クラゲ芽の発達は毎年定期的に行われるわけではなく、数年にわたってクラゲが出現しないこともある。
 マミズクラゲは約100年ほど前にロンドンのリージェント公園の池で発見され、淡水にすむクラゲということで多くの人の関心をよんだ。その後、ほかのヨーロッパ各地、南・北アメリカ、オーストラリア、中国などのほか日本からも発見された。日本では1929年(昭和4)東京帝国大学農学部水産学教室の水槽で初めて発見されたが、とくに戦後は北海道から九州に至る各地からその発見が相次いで報告された。しかし、これらの報告のほとんどはクラゲの発見についてであり、ポリプの発見はきわめて少ない。これはポリプがきわめて微小でみいだしにくいためかと思われる。
 東京大学構内での本種の発見より前の1922年(大正11)に、本種とよく似てはいるが別種とされるCraspedacusta iseanaが、三重県津市の井戸から新種として報告されたことがある。しかし、その後この井戸はなくなり、この種も絶滅したのではないかと考えられている。また、最近静岡県内の池よりさらに別種のユメノクラゲAstrohydra japonicaのポリプが発見されたが、そのポリプから生じたクラゲはマミズクラゲとはまったく異なった形態のものであった。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マミズクラゲの関連キーワードクラゲ(水母)マミズクラゲヒドロ虫類腔腸動物淡水水母真水水母淡水々母真水々母ポリプ桃花扇クラゲ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マミズクラゲの関連情報