コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラッカ海峡 マラッカかいきょうStrait of Malacca

6件 の用語解説(マラッカ海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラッカ海峡
マラッカかいきょう
Strait of Malacca

マレー語ではムラカ Melaka海峡という。マレー半島インドネシアスマトラ島の間にある海峡。南東の南シナ海と北西のアンダマン海を結ぶ。長さは約 800km,幅は 65~480km。海底はインドシナ半島から続く大陸棚の一部で,水深は比較的小さく,南部は 37m以下で,27m前後のところもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マラッカ‐かいきょう〔‐カイケフ〕【マラッカ海峡】

マレー半島スマトラ島とに挟まれた海峡。太平洋および南シナ海とインド洋とを結び、古くから海運の要所。国際海峡の一。最狭部の幅は約65キロで、水深は浅く、島が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マラッカ海峡【マラッカかいきょう】

東南アジア,マレー半島とスマトラ島にはさまれる水道。北西に広く,南東は狭い。延長約800km,幅50〜300km。比較的浅海で可航水路は狭いが,中東からの原油を日本へ運ぶ大型タンカーが頻繁に往来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マラッカかいきょう【マラッカ海峡 Strait of Malacca】

東南アジア,マレー半島とスマトラ島との間の海峡。全長約800km,幅40~350km。南西モンスーンの季節に強風が吹くこともあるが,通常は波が穏やかで古くから東西貿易の主要航路であった。1869年のスエズ運河開通で重要性はさらに高まり,マレー半島側の鉱業,農業の大規模開発を促し,ペナンシンガポール両港に繁栄をもたらした。現在,海峡は世界で船舶航行の最も多い海域の一つである。通過する貨物で最も多いのは中東産の石油とその製品で,行先の第1位は日本である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マラッカかいきょう【マラッカ海峡】

マレー半島とスマトラ島の間にある海峡。南シナ海とインド洋とを結ぶ重要な海上交通路。最狭部30キロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラッカ海峡
まらっかかいきょう
Strait of Malacca

マレー半島とスマトラ島との間の海峡。北西から南東につながる細長い海峡で、長さ約900キロメートル、幅は狭い所では65キロメートルにすぎない。スンダ陸棚上にあるため水深は浅く、120メートル以下の部分が多い。とくに南東部は60メートル以下で、島も多く、航行には注意が必要である。海流は年間を通じて南東から北西に流れる。太平洋より南シナ海を通ってインド洋へ達する航路にあたり、古来、東西貿易の海上の大道であった。とくに1869年のスエズ運河開通後は、それまでスンダ海峡を経由していた船舶も、ほとんどがこの海峡を利用するようになった。現在、世界で船舶航行のもっとも多い海域の一つで、日本と中東を往復するタンカーなどで混雑する。沿岸にはペナン、マラッカ、ポート・スウェッテナム、シンガポールなどの港湾都市がある。これらの港湾都市のなかでは現在、シンガポールが最大の港だが、帆船時代はマラッカ(Melaka)が栄え、15世紀にはマラッカ王国の主要貿易港であった。その後、ポルトガルオランダイギリスの支配を受けた関係もあって、マラッカ市内には中国人、マレー人、西欧系白人、日本人などさまざまな人種が住み、寺院もマレー最古のモスクがあるほか、仏教寺院、ヒンドゥー教寺院キリスト教寺院など多種多彩である。今後は観光都市としての比重も増すであろう。[大矢雅彦]
 海峡沿岸国の領海が12海里に拡大されたため、従来公海として自由な航行に開放されてきた海峡も領海化された。マラッカ海峡は、国連海洋法条約のもとで国際海峡とされ、外国の艦船および航空機は、国際法の規則と沿岸国の法令に従って、海峡を通過するための通航権を認められた。沿岸3国は、船舶の輻輳(ふくそう)する海峡として、航路帯および分離通航帯を設定し、通航船舶に対しその遵守(じゅんしゅ)を要求している。またとくにタンカーの座礁事故を防止するため、船底と海底との間に一定の距離を保つ、いわゆるUKC(Under Keeping Clearance)方式が採用されている。[中村 洸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マラッカ海峡の関連キーワードマラッカマラッカムラカ王国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マラッカ海峡の関連情報