コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラッカ海峡 マラッカかいきょう Strait of Malacca

6件 の用語解説(マラッカ海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラッカ海峡
マラッカかいきょう
Strait of Malacca

マレー語ではムラカ Melaka海峡という。マレー半島インドネシアスマトラ島の間にある海峡。南東の南シナ海と北西のアンダマン海を結ぶ。長さは約 800km,幅は 65~480km。海底はインドシナ半島から続く大陸棚の一部で,水深は比較的小さく,南部は 37m以下で,27m前後のところもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マラッカ‐かいきょう〔‐カイケフ〕【マラッカ海峡】

マレー半島スマトラ島とに挟まれた海峡。太平洋および南シナ海とインド洋とを結び、古くから海運の要所。国際海峡の一。最狭部の幅は約65キロで、水深は浅く、島が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マラッカ海峡【マラッカかいきょう】

東南アジア,マレー半島とスマトラ島にはさまれる水道。北西に広く,南東は狭い。延長約800km,幅50〜300km。比較的浅海で可航水路は狭いが,中東からの原油を日本へ運ぶ大型タンカーが頻繁に往来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マラッカかいきょう【マラッカ海峡 Strait of Malacca】

東南アジア,マレー半島とスマトラ島との間の海峡。全長約800km,幅40~350km。南西モンスーンの季節に強風が吹くこともあるが,通常は波が穏やかで古くから東西貿易の主要航路であった。1869年のスエズ運河開通で重要性はさらに高まり,マレー半島側の鉱業,農業の大規模開発を促し,ペナンシンガポール両港に繁栄をもたらした。現在,海峡は世界で船舶航行の最も多い海域の一つである。通過する貨物で最も多いのは中東産の石油とその製品で,行先の第1位は日本である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マラッカかいきょう【マラッカ海峡】

マレー半島とスマトラ島の間にある海峡。南シナ海とインド洋とを結ぶ重要な海上交通路。最狭部30キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラッカ海峡
まらっかかいきょう
Strait of Malacca

マレー半島とスマトラ島との間の海峡。北西から南東につながる細長い海峡で、長さ約900キロメートル、幅は狭い所では65キロメートルにすぎない。スンダ陸棚上にあるため水深は浅く、120メートル以下の部分が多い。とくに南東部は60メートル以下で、島も多く、航行には注意が必要である。海流は年間を通じて南東から北西に流れる。太平洋より南シナ海を通ってインド洋へ達する航路にあたり、古来、東西貿易の海上の大道であった。とくに1869年のスエズ運河開通後は、それまでスンダ海峡を経由していた船舶も、ほとんどがこの海峡を利用するようになった。現在、世界で船舶航行のもっとも多い海域の一つで、日本と中東を往復するタンカーなどで混雑する。沿岸にはペナン、マラッカ、ポート・スウェッテナム、シンガポールなどの港湾都市がある。これらの港湾都市のなかでは現在、シンガポールが最大の港だが、帆船時代はマラッカ(Melaka)が栄え、15世紀にはマラッカ王国の主要貿易港であった。その後、ポルトガルオランダイギリスの支配を受けた関係もあって、マラッカ市内には中国人、マレー人、西欧系白人、日本人などさまざまな人種が住み、寺院もマレー最古のモスクがあるほか、仏教寺院、ヒンドゥー教寺院キリスト教寺院など多種多彩である。今後は観光都市としての比重も増すであろう。[大矢雅彦]
 海峡沿岸国の領海が12海里に拡大されたため、従来公海として自由な航行に開放されてきた海峡も領海化された。マラッカ海峡は、国連海洋法条約のもとで国際海峡とされ、外国の艦船および航空機は、国際法の規則と沿岸国の法令に従って、海峡を通過するための通航権を認められた。沿岸3国は、船舶の輻輳(ふくそう)する海峡として、航路帯および分離通航帯を設定し、通航船舶に対しその遵守(じゅんしゅ)を要求している。またとくにタンカーの座礁事故を防止するため、船底と海底との間に一定の距離を保つ、いわゆるUKC(Under Keeping Clearance)方式が採用されている。[中村 洸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラッカ海峡の関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構バンカ島マレー諸島マレー半島マレー熊スマトラ犀スンダランドペナン橋コクジャク(小孔雀)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マラッカ海峡の関連情報