コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルカム Malcolm, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルカム
Malcolm, John

[生]1769
[没]1833
インドで活躍したイギリスの軍人,政治家。 1782年イギリス東インド会社に入り,83~1830年まで,47年間をインドで勤務した。第2,3次のマラータ戦争で軍事的・外交的手腕を発揮し,その後も中央インド統治に重要な役割を果した。 27~30年までボンベイ州知事をつとめた。

マルカム
Malcolm, Norman

[生]1911.6.11. カンザス,セルデン
[没]1990.8.4.
アメリカの哲学者,コーネル大学教授。ハーバード大学大学院修了後ケンブリッジ大学に学びウィトゲンシュタインに師事。アメリカの日常言語学派の指導者。主著『ウィトゲンシュタインの思い出』 Ludwig Wittgenstein: A Memoir (1958) ,『夢』 Dreaming (59) ,『知識と確実性』 Knowledge and Certainty (63) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マルカム

英国の軍人行政官イギリス東インド会社武官としてインドに派遣されたが,ペルシア語に通じていたため,ナポレオンのインド遠征を妨害する目的で2度ペルシア(イラン)に赴き外交交渉に当たったが失敗に終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルカム【John Malcolm】

1769‐1833
イギリスの軍人,政治家。東インド会社に将校として配属され,ペルシア語を学ぶ。1800‐01,08,10年の3度,カージャール朝と外交関係を開くためにイランに派遣される。所期の目的は,インド遠征の構想をもつナポレオンの計画を挫折させるためにイランと同盟・通商条約を結ぶことにあったが,いずれも失敗した。27‐30年ボンベイ知事を最後に隠退。大著《ペルシアの歴史》2巻(1815)がある。【坂本 勉】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

マルカム

生年月日:1769年5月2日
イギリスのインド行政官
1833年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

マルカムの関連キーワードミントー(1st Earl of Minto Gilbert Elliot)アームストロング(Neil Alden Armstrong)アパ(阿壩)チベット(蔵)族チャン(羌)族自治州ウィルソン(August Wilson)ヘイリー(Alex Haley)ダンファームリン修道院ハンティンドン(伯家)ジェームズ パーティピッテンクリーフ公園デンゼル ワシントンマルコム ローリーマルコム・エックスチベット(自治区)ウィリアム[2世]プロレタリア文学ダンファームリンデービッド1世インバーネスエディンバラマルカム4世

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android