マルコポーロ

精選版 日本国語大辞典「マルコポーロ」の解説

マルコ‐ポーロ

(Marco Polo) イタリアのベネチアの商人、旅行家。一二七一年、東方へ旅立ち、中央アジアを経て元に到った。フビライに厚遇され、元に仕えて国内を旅行。九五年、海路帰国したが、ジェノバ軍に捕えられ、獄中で旅行中の見聞談を筆記させた。これがのちに「世界の叙述」(通称「東方見聞録」)と呼ばれる。(一二五四‐一三二四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「マルコポーロ」の解説

マルコ‐ポーロ(Marco Polo)

[1254~1324]イタリアの旅行家。1271年陸路で中国に向かい、上都に到着。フビライに厚遇されて17年間滞在し、各地を旅行。1295年に海路でベネチアに帰国。のちジェノバとの戦争で捕虜となり、獄中で「東方見聞録」を筆録させ、東洋事情をヨーロッパに紹介した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android