コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上都 ジョウト

4件 の用語解説(上都の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうと〔ジヤウト〕【上都】

中国、の都城の一。フビライが造営し、1260年ここで即位した。大都(北京(ペキン))ができてからは夏の都となった。内モンゴル自治区多倫(ドロン)北西に残る遺跡は、2012年に世界遺産文化遺産)に登録された。開平府。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょうと【上都 Shàng dū】

中国,元の夏の都。内モンゴル自治区ドロン(多倫)の北西方36km,ジャオ・ナイマン・スメ・ホトン(百八廟城)に遺跡がある。1256年フビライによって築かれた開平府がその前身であり,これが65年の大都築城後,上都と改称されたのである。上都は元朝歴代皇帝の夏の都として栄えた。マルコポーロはこの町をシャンドゥとよび,フビライが6~8月をここで過ごしたとのべ,その宮殿の豪壮さ,庭苑の広大さ,庭苑の森の中に築かれた組立式竹製宮殿の精巧さなどを伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうと【上都】

中国、元代の副都。内モンゴル自治区のドロンノール北西にある。フビライが建設し、1260年にここで大汗の位についた。開平。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上都
じょうと

中国、元(げん)代の夏の都。内モンゴル自治区(らんが/ロワンホー)の上流右岸ドロンノールより川を隔てて北西約36キロメートルに遺跡が残っている。現在、チャオナイマンスメホトン(百八廟城)とモンゴル名でよばれる。古来この地方は優れた牧草地で鳥獣も多く、現在の北京(ペキン)地区に政権の中心を置いた遼(りょう)・金両朝の皇帝も夏期に巡幸し離宮を構えた。1250年代に兄帝モンケより中国方面を委任されたフビライは、この地を根拠地として56年に初めて中国式城市を営み、開平府と名づけた。60年兄の死後、政権奪取を計って開平府に自派を結集し帝位についた。64年弟アリク・ブハとの内戦に実力で勝利すると上都と改称し、ついで旧金朝の故都の近郊に大都(北京の前身)を造営して両京制をとった。以後、元王室は旧暦9~4月の冬期は大都とその周辺で越冬し、同5~8月の夏期は高燥な上都一帯に北上して宮廷・軍団ごと巡遊・放牧した。上都は正方形に近い内外2郭(かく)と、北西両面に張り出す外苑(がいえん)とからなり、四面2200メートルほどの規模で、寺院・官衙(かんが)・居民区となった外城内には10万人程度の居住が可能であった。遺跡はイギリスのブッシェル、ロシアのポズドネエフ、鳥居龍蔵(とりいりゅうぞう)、桑原隲蔵(じつぞう)が踏査し、アメリカのインペイの実測を経て、日本の東亜考古学会の調査報告『上都』の刊行(1941)で全貌(ぜんぼう)が世界に知られた。[杉山正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上都の関連キーワード内蒙古自治区帰綏内モンゴル自治区綏遠海拉爾包頭ザナドゥー蒙疆甘粛[省]ドロン・ノール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上都の関連情報