コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチ・ナロービーム音響測深機 まるちなろーびーむおんきょうそくしんき multi‐narrow‐beam echo sounder

2件 の用語解説(マルチ・ナロービーム音響測深機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マルチ・ナロービーム音響測深機

船底から下横向きに、船体中心軸に対し角度で120度以上の範囲に超音波を発信し、その超音波の海底からの反射波を1度角以内の精度で方向を検知しながら受信・記録し、海底地形を自動作図できる装置。起伏の激しい海底でも測定誤差を数m内に収めることが可能であると同時に、海底地形を水深の2倍以上の幅にわたって一気にリアルタイムで作図(swath mapping、芝刈り機方式の測深ともいう)でき、地形測量の精度と能率を抜本的に向上させた。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルチ・ナロービーム音響測深機【マルチナロービームおんきょうそくしんき】

海底地形図の作成などに活躍する最新・高精度の音響測深機。船底から船真下の左右45度程度の範囲で,きわめて狭い(ナロー)指向角の音波を,16〜60本(マルチ)同時に送受信することで,深度を計測する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マルチ・ナロービーム音響測深機の関連キーワードランドスケープ帆走横向き外反モールの応力円横蹴り縦突き真半身フックショットサイドショア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone